舟唄温泉・テルメ伯陵(山形県) 
ふなうたおんせん・てるめはくりょう

DATA
所在地山形県西村山郡大江町大字藤田
源泉名大江3号源泉
入浴 2012年8月
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
泉温 源泉60.6度
PH 7.0
蒸発残留物21830mg/kg
形態 公共温泉施設 男女別
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症など
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

山形県大江町、道の駅「おおえ」のすぐ裏に隠れるようにしてある温泉が舟唄温泉です。道の駅のすぐ裏側には「伯陵荘」という建物がありますが、こちらは老人福祉施設で、そのさらに奥に「テルメ伯陵」があります。けっこう大きな施設で、浴場の他にレストランや多目的ホールなどを備えた複合施設になっているようでした。また、パンフレットをみると、敷地内にはテニスコートやイベント広場などもあるようです。
ずいぶんと大きな施設なので宿泊施設もあるのかと思っていたら、どうやらそのような設備はなく、日帰り入浴施設として営業しているようです。館内に入ると受付があり、そして右側に行くと浴場施設があります。浴場は「ぬくもりの湯」と「やすらぎの湯」の2つのタイプの浴室がありました。定期的に男女が入れ替わるのかもしれません。今回はやすらぎの湯に入りました。
こちらの浴場は石造りの大浴場で、もうひとつの浴場はひのき浴場になっているとのことです。脱衣所は棚が並びますが、スリッド状になった扉と簡易的な鍵のついた木造ロッカータイプです。けっこうゆったりとしているので、多少混雑していても問題はなさそうです。浴場もゆったりとしていて、奥に続く長細い形をしています。手前側にはサウナ、シャワーがあり、掛かり湯、全身浴槽と続きます。
右側は洗い場のスペースとなっていました。まず浴室に入って気付くことですが、浴室内は独特の温泉臭が充満しています。天井も高く広々としている浴室内ですが、しっかとりした温泉臭が漂っているので、そうとう濃厚な温泉なのでしょう。まずは掛かり湯をしようと湯を浴びますが、この掛かり湯のところはとても大きく、ふつうの湯舟のようにも感じます。
間違って入浴する人も多いんじゃないかと思うくらい、ふつうの湯舟が掛かり湯となっていました。そして主浴槽ですが、大きなガラス窓際にあり、とても明るくゆったりとしたものです。湯はモスグリーンというか青銅色というか、ほんの少し濁っています。けっこう熱めの湯でジャンジャン湯が注がれていますが、これは源泉掛け流しなのだそうです。湯量が豊富なのでしょう、これだけの量を掛け流すとなると後処理も大変そうです。
浴槽の一番奥の方は小さく区切られた湯舟となっていて、こちらはぬる目の湯となっていました。夏場だったこともあり、みんなぬるい湯の方に浸かっていました。それにしてもゆったりとしていて気持ちがいいです。しばらく浸かっていると、肌がピリリと軽い刺激を受けるような気がします。もしやと思い源泉を舐めてみると、かなり濃厚な塩味とそして苦味がありました。
海水に似てはいるもののそれとはちょっと違うようなえぐみがありました。さすがにこれだけ濃厚な湯だと湯上りは大変です。汗が止まらないので冬場はとても重宝することでしょう。この施設は料金も安く、そして温泉も個性的、施設も充実しているという三拍子揃った施設です。それゆえ、とても人気が高い温泉施設のようでした。近くを通りかかるのであれば、ぜひとも立ち寄りたい温泉施設です。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.