郡山三穂田温泉(福島県) 
こおりやまみほたおんせん

DATA
所在地福島県郡山市三穂田町駒屋
源泉名郡山三穂田温泉 2号源泉
入浴 2012年8月
泉質 ナトリウム塩化物・硫酸塩温泉
泉温 源泉53度
掘削深度800メートル
形態 温泉旅館 男女別
効能 神経痛・関節痛・運動麻痺・慢性消化器病・痔疾など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
異色度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

郡山南インターからおりて程近くにある県道沿いの郡山三穂田温泉は、小さく素朴な温泉宿です。のどかな田園地帯にポツンと建つ一軒宿で、派手な演出のない地味な印象の旅館ですが、そこそこ人気のある宿のようです。基本は旅館のようですが、日帰りでの入浴も積極的に受け付けているようで、立ち寄りで入浴をしてきました。宿のすぐ目の前に広めの駐車場があり、そこには旅館の名前入りのバスがいくつか並んでいます。
バスがあるということは、それなりに利用客が多いということでしょう。玄関を入ると受付と広めのロビーがあります。ロビーは休憩所にもなっているようです。また、食事のメニューもあり、日帰り客はここで食事を楽しむこともできるようです。わりとバラエティに富んだメニューで、これなら飽きそうもないですね。浴場は左側、廊下の途中に入口があります。
脱衣所は棚にカゴ、広めの洗面台がありますが、わりとオーソドックスな旅館の脱衣所です。宿の規模のわりにはゆったりとしたスペースがありました。また、貴重品用のスチールロッカーもありました。浴場に入ると、まず最初にプンッと漂う温泉臭が気になります。鉱物臭とでもいうのでしょうか、独特の温泉臭がありました。内湯は半分が湯舟で、反対側が洗い場です。
湯舟には山の形をした湯の注ぎ口があり、シンプルな浴室にインパクトを与えていました。どこの山をイメージしたものかわかりませんが、とても立派な山です。立体的なシルエットがとても印象的でした。湯は掛け流されているのでしょうか、そこそこの量の湯が溢れ出ています。とても透明感のある湯ですが、若干ウグイス色っぽくも見えます。体を流してさっそく浸かると、ツルツルっとした浴感がとても心地いいです。
肌がとても滑らかな感じになり、第一印象はばっちりです。内湯のすぐ外側には露天風呂があります。露天もそれなりのスペースが確保されていて、湯舟も大きいです。また、露天は目の前が庭園になっていて、とても優雅な雰囲気がありました。けっこうしっかりと手入れがされているようで、和の心意気を感じます。湯舟に浸かりながらゆったりと寛ぐことができました。露天の湯は内湯よりも少しぬるめです。
壁には湯についての説明があったのですが、加温せずに注いでいるので冬場は温度が下がりますとのことです。源泉そのままというのはとても贅沢な感じですね。ここも湯は掛け流されているようで、そのまま湯舟から溢れ出ていました。湯の注ぎ口から少しすくって口に含んでみると、鉄分のような金属的な味がありました。ミネラルがたっぷりなのでしょう。
けっこうあたたまりのいい湯のようで、ポカポカと内側からあたたまっているのが実感できました。浴後、脱衣所で涼んでいると、壁に貼られたたくさんの貼紙が気になりました。カラオケ大会のお知らせや送迎バスのご案内、お得な回数券やイベント告知など、けっこう楽しいイベントで集客しているようです。近くにはゴルフ場も多いので、ゴルフ客も多いことでしょう。小さな宿ながらもしっかりとしたレジャー温泉という印象を受けました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.