ほったらかし温泉・こっちの湯(山梨県) 
ほったらかしおんせん・こっちのゆ

DATA
所在地山梨県山梨市矢坪
源泉名白金の湯
入浴 2012年7月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉31.7度
湧出量毎分195リットル
PH 9.9
蒸発残留物8.2mg/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
脱衣所あり
開放度☆☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
野趣度☆☆☆☆
異色度☆☆☆
人気度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆☆

山梨市にあるほったらかし温泉は、地域でも有名で人気のある温泉のひとつです。何と言っても最大の魅力はそのロケーションでしょう。市街地を見下ろす山の上に建ち、開放感たっぷりの露天風呂が味わえるとのことです。山梨市街地からは笛吹川フルーツ公園を抜けて山をどんどんのぼっていったところにあります。前々から行きたかったのですが、人気が高いこともあって混雑したイメージがあり、足が遠のいていました。
何度か温泉の駐車場まで来たこともありましたが、広大な駐車場がいっぱいになるほどの人気ぶりで諦めていたのでした。そのうちチャンスが来るだろうと機会をうかがっていたところ、ようやく入浴することができました。ここはひとつの温泉施設ですが、浴場は「あっちの湯」「こっちの湯」とふたつあり、別々に料金が必要です。今回は「こっちの湯」に入ってみました。
さすがに人気の温泉だけあって、休憩所や飲料自販機、軽食コーナーなども用意されていて、何だか独特の雰囲気がありました。自動券売機で入浴券を購入し、受付に渡します。簡易的なスタイルの浴場施設ですが、そこがまたここの魅力でしょう。脱衣所は棚とカゴがありますが、有料のコインロッカーも用意されています。脱衣所を抜けるとウッドデッキになった露天風呂が広がります。
そしてその先には優雅に富士山がそびえたっていました。山の斜面を利用して湯舟があるので、目の前を遮るものがないので、遠くの市街地や山々、そして富士山といったパノラマ景色を存分に楽しむことができるのです。これには思わずテンションがあがりますね。湯舟は目の前に長方形の湯舟があり2つに区切られています。右側が「あつ湯」で左側が「ぬる湯」と書かれています。
温度が違うので好みに合わせて利用できそうです。また、さらに先には巨石を配したゆったりとした岩風呂もあります。こちらは一段低い位置にあるので、上段の湯舟に浸かっている人たちの視界の邪魔にはなりません。こちらはまたこちらで、なかなかいい雰囲気を醸し出しています。湯舟は上段も下段も、わりと浅めの湯舟です。無色透明のとても柔らかい印象の湯で、サラッとしながらもツルツルっとした浴感も楽しめます。
それになによりも開放感がたっぷりあるので、なんだかいつもよりも大らかな気持ちになりますね。フルチンで日光浴をしていると、とっても気持ちがいいです。小鳥の(さえず)る声と、湯の流れる音、そして吹きぬける風の音がとてもリラックスした世界を演出していました。何もない自然の中にあるので、虫も多いですが、それも愛嬌ですね。
まったりと時間を忘れて過ごしたいところです。ちなみに、上段の湯舟の手前側には小さいながらも内湯も用意されていました。せっかくのロケーションなので内湯はどうかな?って思ったけど、雨天のときや寒い日には最後に温まるのにちょうどいいかもしれませんね。あまりにもいい雰囲気だったので、次回は「あっちの湯」に入ってみようと思います。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.