湯田川温泉・しらさぎの湯(山形県) 
ゆたがわおんせん・しらさぎのゆ

DATA
所在地山形県鶴岡市湯田川
入浴 2012年4月
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉
泉温 源泉42.6度
PH 8.4
蒸発残留物1,256mg/kg
形態 足湯施設 混浴
脱衣所なし
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

鶴岡市の郊外にある湯田川温泉は、昔ながらの素朴な温泉街を残す、長閑な温泉地です。開湯の歴史は古く、和銅5年(712)に発見されたと言い伝えられているそうです。言い伝えによると、傷ついた白鷺が湯浴みをしていたことから発見された湯なのだそうで、古くから「白鷺の湯」と親しまれていたのだそうです。
とても静かな温泉地ですが、鶴岡の奥座敷として栄え、あつみ温泉、湯野浜温泉と並んで庄内三名湯として知られていたとのこと。現在ではちょっと地味な温泉地として落ち着いた雰囲気がありますが、そう考えるととても歴史の重みが感じられる品格のある雰囲気だと感じます。その温泉街の中心地、共同湯の「正面の湯」のすぐ目の前には「しらさぎの湯」という足湯があります。
誰でも利用できる無料の温泉施設で、温泉街の散策ついでにぷらっと立ち寄ることができます。素朴な温泉街の中にポツンとあり、そんなに大きな施設ではありませんが、憩いの場として人気のあるようです。今回は共同湯を目的に訪れたのですが、時間が早かったので時間つぶしに足湯を利用してみることにしました。
足湯はもと旅館があった跡地に建てられたものだそうで、あずまやも廃材を利用したものだそうです。古めかしさのある屋根がとても情緒があっていいものです。ゆったりとしたスペースに玉砂利が敷かれていて、その中央に湯舟があります。7〜8名以上はゆったりと入れるもので、腰掛部分は木造になっています。無色透明の綺麗な湯で、さっぱりとした爽快感のある湯でした。
わりと熱めなので、足先だけでもジワッと汗がでるほどあたたまりますね。雪のとても深い地域なので、冬季になると足湯は閉鎖されてしまうようです。春から晩秋までの利用となるようなので、時季によっては事前に下調べをしたほうがいいかもしれませんね。鶴岡市周辺にはいろいろ見所もあるので、観光ついでに立ち寄って楽しんでみてはいかがでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.