雄和ふるさと温泉・ユアシス(秋田県) 
ゆうわふるさとおんせん・ゆあしす

DATA
所在地秋田県秋田市雄和神ヶ村字舟卸
源泉名秋田市雄和ふるさと温泉
入浴 2012年1月
泉質 ナトリウム−塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉49.3度
PH 7.4
形態 公共の温泉施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

秋田空港からクルマで30分ほど、田園地帯の広がる長閑な雄和神ヶ村にある温泉施設が「ふるさと温泉ユアシス」です。村はずれにポツンと佇むように建っていますが、鉄筋の大きな建物なのでとても目立つ存在です。ここは日帰り温泉施設として人気がありますが、宿泊も可能なようです。また、レストランや家族風呂もあるなど、なかなか設備も充実しているようです。今回は正月明けの雪深い季節の訪問となり、周囲は一面の銀世界です。
国道は除雪はしてあるものの、施設のある県道は除雪されていなくて、路面は圧雪となっていたのでクルマの運転も慎重になります。辿り着いてみると、平日に訪れたにも関わらず駐車場がいっぱいです。ほとんど地元の方々のようで、けっこうな賑わいを見せていました。館内に入ると受付があり、その奥に浴場入口、そしてロビーの奥にはレストランがありました。休憩ルームも別にあるようです。脱衣場はけっこうゆったりとしていて、鍵付きのスチールロッカーと、簡易的な棚にカゴが半々ぐらいであります。
洗面台もゆったりとしていて、ヘアドライヤーも用意されています。浴場の入口は一番奥にあります。中に入ると熱気に包まれた内湯となります。左手側に低い塀で囲まれたような洗い場があり、反対側には打たせ湯が3筋と水風呂がありました。打たせ湯はけっこう高さと湯量があり、けっこうパンチの効いたものです。無色透明の湯の白湯のようです。また、出入口の脇にはサウナがあります。サウナは高温サウナとスチームサウナと2種類あるようです。
ガラス張りになったスチームサウナは中が真っ白で濃霧状態となっていました。ボディソープとリンスインシャンプーの用意された洗い場で、サッと体を流したところで、気になる主浴槽へと向かいます。主浴槽は浴室の一番奥にあります。こちらの湯舟は見た目にもインパクトのあるものです。まずは湯舟の色です。くすんだオレンジ色というか薄めの褐色というか、けっこう濁った色をしています。透明度は10センチほどでしょうか、底はまったく見えません。
湯舟は横に細長いのですが、3:7ぐらいのちょうど邪魔な位置に柱があります。柱によって左右湯舟が別れているように見えますが、湯舟は繋がっていました。しかしながら、小さい方の湯舟は気泡浴になっていて、底からボコボコと泡で出ています。大きい方の湯舟はゆったりとしていました。また、角には城壁の石垣のような湯の注ぎ口があり、ドバドバと無色透明の湯が注がれていました。注がれるときは無色透明なのが、空気に触れると色づくようです。
源泉掛け流しとなりましたと説明が書かれているところを見ると、以前は掛け流しではなかったようですね。けっこう個性的な油臭のある湯で、舐めてみるとショッパイ味がツンッときて、独特の臭みがありましたが、わりとマイルドな味です。塩分を多く含むとあってか、浸かっているとけっこうすぐに汗だくになります。気だるくなるように体が火照ってくるのもわかります。真冬だったのにもかかわらず、浴後もいつまでもポカポカとしていたので、かなり保温効果の高い湯のようです。
アトピーにも効果があると人気があるそうです。どうやらここは内湯だけのようで、露天風呂はありません。しかしながら、浴場内にはベンチがあって休憩しながら入浴を繰り返すことができるようなので、じっくりと温泉が味わえそうです。地元の方々にも人気の温泉施設ですが、コテージ宿泊して観光の拠点にするなど、使い勝手がとても良さそうな温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.