丹後神野温泉・久美の浜みなと悠悠(京都府) 
たんごかんのおんせん・くみのはまみなとゆうゆう

DATA
所在地京都府京丹後市久美浜町湊宮
源泉名丹後神野温泉
入浴 2012年1月
泉質 カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉
泉温 源泉49.0度
形態 観光旅館 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

京都府京丹後市久美浜町は、兵庫県と隣接した日本海側にある静かな町です。山陰随一と呼ばれる白砂青松の海岸美が有名で、夏の海水浴シーズンともなるとたくさんの行楽客で賑わう人気のスポットです。また、久美浜湾というほとんど湖と化している汽水湖があり、風光明媚な景勝地としても知られています。そんな日本海と久美浜湾に挟まれたロケーション抜群のところに、「久美の浜 みなと悠悠」があります。
「神の温泉」という魅力的な名前の自家源泉を持つ観光温泉旅館です。けっこう大きな和風ホテル形式の旅館という感じで、その名のとおり悠々とした雰囲気が漂っていました。この宿はカニやお寿司といった新鮮な魚介類を好きなだけ食べられるというビュッフェディナーが人気の宿で、グルメに観光に温泉にと、滞在してのんびり楽しむ方が多いそうですが、今回は立ち寄りでの入浴となりました。
鉄筋のしっかりとした建物で、館内はロビーもエントランスもゆったりとしていて雰囲気ばっちりです。浴場はロビーから階下におりたところにあります。脱衣所は棚にかごが用意されているタイプですが、別に有料のコインロッカーも用意されています。広い洗面台には、ヘアトニック、ブラシ、綿棒等のアメニティ類もしっかりと充実していて、さすがホテルの浴場といった印象です。浴室は壁際に洗い場が並び、湯舟は中央に位置します。
御影石タイルのシックな印象の浴室で、外側は大きなガラス窓になっていて、露天風呂が目の前に見えます。室内がちょっと薄暗いような感じでありながら窓が大きいので、あまり暗いようには感じません。夜は落ち着いた雰囲気になるのでしょう。ゆったりとした湯舟に浸かると、無色透明ながらも軽いというか滑らかな印象の湯が体を包み込みます。循環されているようにも見えるのですが、基本的には加熱加水をしないで、掛け流しているとのこと。
源泉の状況に合わせて、必要なときには加熱加水をするのだそうです。ポカポカとあたたまりのいい温泉なのだそうで、冷え性にも効果があると評判がいいそうです。確かに浸かっていると、家庭の風呂で味わうよりも汗の出方が違う気がします。露天風呂に出るには、湯舟の脇の通路を通って向かいます。この通路の上には、どうやら打たせ湯のような跡があります。このときは使われていなかったのですが、過去に使われていたのですかね。
外へと出ると、こちらも内湯以上にゆったりとした大きな岩風呂が構えていました。湯舟全体を覆うように大きな屋根もあるので、炎天下や悪天候でもゆっくりと露天を楽しめそうです。露天からは何か見えるかなと周囲を見渡すと、邪魔するような壁や塀のようなものはないのですが、こんもりと盛り上がった裏の丘?が見えるという感じでした。1階部分にあるので景色はこんなものでしょうね。
でも、開放感はそれなりに楽しめました。客室や最上階の展望ラウンジからは日本海も久美浜湾も同時に眺められる絶景だということなので、温泉ぐらいは我慢しましょう。ちなみに大浴場の入り口前には貸切風呂もありました。小さく閉鎖的な印象の風呂のようです。せっかくのロケーションにあるのだから、小さくてもいいから絶景の楽しめる貸切風呂があったら、とっても話題になるのではないかと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.