楯縫温泉・割烹温泉ゆらり(島根県) 
たてぬいおんせん・かっぽうおんせんゆらり

DATA
所在地島根県出雲市平田町
源泉名中ノ島温泉
入浴 2012年1月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉54.6度
湧出量毎分200リットル
PH 9.1
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

宍道湖の西側、出雲市平田町のど真ん中にある「割烹温泉ゆらり」は、中国地方最大級という源泉掛け流しを謳う日帰り温泉施設です。「割烹温泉」なんて名前を見ると、ちょっと敷居が高いのではないかと敬遠してしまいそうですが、見た目には普通の温泉施設のように感じるので、気軽に訪れることができます。私も最初は割烹旅館が温泉を開放しているのかなという意識でいて、料金も高そうだなぁとか、料理を注文しないとダメなのかとか思っていましたが、そんなことはないようです。
実際に訪れてみると、スーパーやファミレス、ファッションセンターなどの建ち並ぶ一角に、広い駐車場と平屋建ての大きな温泉施設があり、見た目にも普通の温泉施設でした。館内に入っても利用料金もいたって普通で、ゆったりとした現代風の和風日帰り温泉施設という感じで、どこが「割烹」なのかわかりません。まずはお湯を確かめてみようと浴場に向かいました。浴場は館内の一番奥にあります。
「神楽の湯」が男湯、「八百万の湯」が女湯となっていましたが、暖簾でわけていたので定期的に男女が入れ替わるのかもしれません(未確認)。わりと新しい雰囲気があり、館内はとても清潔的です。脱衣所は木造の鍵付きロッカーがズラッと並びます。とても人気のある温泉施設のようで、朝からたくさんの人で賑わっています。この地域はけっして温泉資源の少ない地域ではありませんが、これだけ人気だというのは何か惹きつける魅力があるのでしょう。
浴場は高い天井が木造で、ゆったりとしたスペースの中、大きな湯舟がドンと構えます。奥には洗い場も沢山あり、シンプルでオーソドックスな設備ながらも、充実した印象を受けました。さっそく体を流して湯舟にドブンと浸かりますが、やはり気になるのは露天風呂です。内湯の外側は大きなガラス窓になっているのですが、そこに見えるのが広々とした岩風呂の露天風呂です。
さっそく外に出ると、本当にゆったりとしたダイナミックな露天風呂です。施設の中庭のように内側に露天風呂があるため、周囲をぐるっと壁が囲んでいますが、ちっとも狭苦しさはありません。巨石に囲まれ、自然たっぷりの露天風呂という演出が見事にできあがっていました。また、樽風呂が3つ並んでいてゆったりと湯舟を独占することもできます。なかなかの開放感にすっかり魅了されます。
露天の奥には何やら怪しげな物体があります。巨大なかまくらというか、カマボコのようなものがあるのです。こちらは釜蒸し風呂になっていて、古来の蒸し風呂を再現させた低温スチームサウナとなっていました。中に入っても熱く感じないので、体に負担をかけずに汗を流すことができるのだそうです。温泉を味わったところで、いったい何が「割烹」なのか、まだよくわかりません。館内を散策すると、バイキングレストランがありました。
また、小さな宴会場もあります。宴会場では和風会席料理も楽しめるそうです。確かに料理も楽しめる温泉施設ですが、今どきの温泉施設はどこも食事処があるので「割烹」というのはちょっと大袈裟に感じます。でも、個性的な温泉施設というのはうなずける気がするのは、これもまた個性というものでしょう。また、家族風呂もいくつかあり、そこも雰囲気は良さそうです。何はともあれ、人気が高いというのは質の高い証拠。日帰り温泉ながらもしっかりと温泉を楽しむことができました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.