津和野温泉・あさぎりの湯(島根県) 
つわのおんせん・あさぎりのゆ

DATA
所在地島根県鹿足郡津和野町鷲原
入浴 2012年1月
泉質 単純放射能冷鉱泉
泉温 源泉16.3度
形態 道の駅に併設の温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

島根県の南西、山口県との県境に近い津和野は、歴史ある観光地として人気の高いところです。かつては城下町として栄え、山陰の小京都ともいわれているそうです。また、森鴎外のふるさととしても知られています。観光客の絶えない活気ある街で、その街外れに道の駅「津和野温泉なごみの里」があります。レストランや体験工房の他、日帰りで楽しめる温泉施設もあります。国道沿いではない道の駅であるためか、ゆったりとしているわりには穴場的な存在のように感じます。
しかしながら、駐車場が広々としていたり、施設も大きいところをみると、やはりそれなりに需要があるのでしょう。バーベキューガーデンや各種イベント用の広場があったり、新年会や忘年会などの宴会もできるそうなので、レジャースポットとしても人気が高そうです。現代風のモダンなガラス張りの建物で、温泉施設は館内の左奥にありました。道の駅にオマケのようにある温泉施設ではなく、しっかりと大きな日帰り温泉施設となっているようです。
浴場は和風と洋風の2タイプある浴室を週替わりで男女交替になるそうで、今回は和風が男湯となっていました。また、別に家族風呂もあるそうです。脱衣所は鍵付きのスチールロッカーが並びます。ベビーベッドが用意されていたり、オムツ替えの台があったりと、設備も充実している印象です。ゆったりとしたスペースにたっぷりのロッカーがあるので、週末なんかは混雑するのかもしれませんね。朝一番で訪れたのでまだ誰もいなくてラッキーです。
浴場は和風といいながらも、床も壁もモダンなタイル張りで、どこが和風なのかわかりません。大きな円形になった建物のようで、カーブした外壁は大きなガラス張りで、天井は幾重にも交差した梁が幾何学的で、とても洒落た雰囲気です。「和風」と見えたのは思い違いだったかなと思ったほどですが、後々パンフレットで確認してみましたが、やはりこちらが和風でした。
浴室に手前側にあるジャグジー風呂が大きな樽のような木造であったことと、露天風呂が岩風呂だったので、その違いのようです。このときは真冬のしかもかなり寒い日だったこともあり、浴室内は真っ白で先が見えないほどの濃霧状態でした。湯舟はゆったりとしていてけっこう大きいので、湯けむりで先が見えなく、余計に広く感じました。湯舟の湯は無色透明で、微妙にツルッとしてサラッとしているというか、浸かっていると重く、疲れる印象の湯です。
あまり強い印象のない、浴感の少ない湯ですが、ポカポカと内側からあたたまる気がするので、それなりに温泉の効果はあるのでしょう。ただ、こういった施設なので仕方はないかもしれませんが、消毒臭が強かったのが興醒めしてしまいとても残念です。ガラス窓の外側は、ちょっとした庭が広がっていますが、露天風呂はその隅っこに小さくありました。しっかりとした屋根のついた岩風呂で、内湯の規模からするとだいぶ小ぢんまりとした小さな湯舟です。
ゆったりとした庭が眺められ、開放感もたっぷりとあるのですが、せっかくならもうちょっと大きな湯舟にしてくれればいいのにと思うのでした。しばらく温泉を楽しんでいると、後から続々と入浴客がやってきて、あっという間に賑わってきました。やはり人気の高いところのようです。設備はしっかりとしているし、内湯も広々、そしてレストランなどの設備も充実しているので、とても一般ウケする温泉施設ではあります。津和野観光の際に立ち寄って、旅の疲れを癒すにはもってこいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.