湯野温泉・紫水園(山口県) 
ゆのおんせん・しすいえん

DATA
所在地山口県周南市湯野
源泉名市有3号泉
入浴 2011年12月
泉質 含弱放射能−アルカリ性単純硫黄温泉
泉温 源泉32.7度
湧出量毎分261.4リットル
掘削深度193メートル 自然湧出
PH 9.33
蒸発残留物0.563g/kg
成分総計0.555g/kg
ラドン含有量149.37(10-10キュリー)
形態 温泉旅館 男女別
効能 痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症など
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆☆

山口県周南市にある湯野温泉は、地味で静かな静養向けの温泉地です。ところが温泉の歴史はとても古く、仲哀天皇の時代に発見されたという伝説もあるという実に1800年ほどの歴史がある温泉地のようです。また、湯野温泉はラジウム含有量が世界第3位といわれているそうで、ラジウム効果による温泉治療で訪れる人も多いのだそうです。
周辺には歓楽的要素がないため、温泉街を形成してはいるもののとても静かでのんびりとした雰囲気が漂っていました。いくつかの温泉宿がありますが、国民宿舎の裏手にどっしりと構える「紫水園」は、風格を感じる建物ですが、気軽に日帰り入浴も受け付けている、温泉巡りをしている人には重宝できる存在です。フロントで入浴を請うと浴室に案内されますが、まずは中庭に案内されます。
玄関の正面が日本庭園の中庭になっているのですが、中庭から池を眺めるような優雅な回廊を通って浴場に向かうのです。浴場へのアプローチも探検している気分でとてもテンションがあがってきますね。池には大きな鯉が泳いでいたり、ダイナミックな石垣の庭木が心を落ち着かせてくれます。浴舎は中庭の陰にあり、鉄筋のしっかりとした建物でしたが、ちょっと年季を感じさせる古びた印象がありました。
男女別に入口があり、入るとすぐに脱衣所になっています。簡易的な棚とカゴ、そして洗面台といたってシンプルなスタイルですが、広々としてゆったり感のある脱衣所です。外見から想像するような古びた印象はなく、綺麗で清潔的です。浴室は内湯のみですが、けっこう広くてこちらものびのびとしたものです。手前側に洗い場があり、窓際には横に広がった大きな湯舟が構えています。
湯舟はジェットバスやバブルバス、打たせ湯などもありました。湯は無色透明ですが、光の加減によるものなのか、ちょっと黄色いようにも感じます。微妙にツルッとした浴感があるようにも感じますが、どちらかというとしっとり系の湯のようです。ジャンジャンと流れ注がれる湯口とは別に、打たせ湯側には細いパイプがあり、そこからチョロチョロと熱めの湯が注がれていました。
手にすくってみると、プンッと軽い硫黄泉のような硫化水素臭があり、口に含むと微妙に甘く感じるような薄〜いタマゴ風味がありました。浴室はただ広いだけではなく、ガラス窓がとても大きく、浴室内は外光であふれ、とても明るい雰囲気です。目の前は緑の木々で覆われているため、眺望はよくありませんが、落ち着いた雰囲気がありました。
打たせ湯やジャグジーの音で、浴室内はジャバジャバと水音が響き渡っているのですが、それとは間逆のとても静寂な印象を受けるほど、安らぎを覚える静かな雰囲気がありました。とても雰囲気がいいので、立ち寄りの入浴だけではもったいないと思うほど、いい気分でした。食事とセットになったプランもお徳なようで、そういったものを利用するのもいいでしょうし、ゆっくりと宿泊して静養するのもいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.