大城温泉・国民宿舎大城「潮騒の湯」(山口県) 
おおじょうおんせん・こくみんしゅくしゃおおじょう「しおさいのゆ」

DATA
所在地山口県下松市笠戸島
源泉名笠戸島大城温泉
入浴 2011年12月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物冷鉱泉
泉温 源泉24.4度
PH 8.2
蒸発残留物15.48g/kg
ラドン含有量23.5x10-10(Ci/kg)
形態 国民宿舎の浴場 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

山口県下松市にある笠戸島は、かつては造船で栄え、今はヒラメの養殖で有名な小さな島です。島とはいっても、本土とは大きな橋で繋がっていて、気軽に行き来のできるアクセスのいいところです。自然がいっぱい残っている緑豊かな島で、海水浴場も整備されているなど、観光客にも人気があるようです。島の西側、大城岬にある国民宿舎大城は、絶景を楽しめる温泉浴場があるということで、人気の宿泊施設です。日帰りでの入浴もできるということでさっそく訪れてみました。
今回はクリスマスも過ぎ、年の瀬迫った寒い日に訪れました。笠戸島へはクルマで簡単に渡れるのですが、工業地帯を抜けるようにしていくので、最初は戸惑うかもしれません。トラス構造の笠戸大橋はダイナミックな印象で、橋を渡るとワクワクしてきます。国民宿舎は島の三分の一程度のところにありました。坂道を登るようにいきますが、まだ午前中だというのにクルマが続々とやってきます。駐車場も第1から第4まであるようで、駐車場整理のおじさんが何人も立って、誘導をしていました。
これから何かイベントがあるのかと思うほどの盛況振りです。建物は高床式倉庫を巨大化したような、下が細くて、上にドカンと大きな建物がのっかっているような、不思議な構造の建物でインパクトがありました。館内に入るとフロントがありますが、浴場は階下にあり、そこに入浴受付があるようです。階下といっても、高台にあるので地下ではなくそこも地上のようでした。シューズロッカーがあり、街中の銭湯のような雰囲気がありますが、意外と小ぢんまりとした印象を受けました。
脱衣所は鍵付きの木造ロッカー、そしてズラッと並んだ綺麗な洗面台がありますが、やはり小ぢんまりとした印象です。今回は年の瀬ということで特別に賑わっているのですかね。けっこうな繁盛振りで、ごったがえしたような感じです。浴室はタイル張りのオーソドックスなスタイルです。外側に大きな窓と湯舟があります。寒い日だったので浴室内は湯気で真っ白ですが、ガラス窓からの眺めはなかなかのものです。笠戸湾を挟んで対岸には太華山のある半島が見えます。
天気も良かったので、青い海に青い空、穏やかな湾内を往来する船などがとても優雅に見えます。すぐ脇には露天風呂もあります。こちらはゴツゴツとしたゴロタ石を配置したような岩風呂です。こちらはガラスがないので、冷たい風がモロにあたりとても寒いですが、その分、開放感はばっちりです。寒いのを通り越して、清々しい感じさえもありました。冬場以外の季節なら、もっと過ごしやすいことでしょう。お湯は無色透明ながらも塩分を含むようで、ちょっとした塩味を感じました。
そのせいか、寒いけどポカポカとした感覚があり、ゆったりと湯を楽しめます。また、その景色を存分に楽しめるようにと、内湯の外側にはベンチもありますが、さすがに寒くて座ってはいられませんでしたね。景色の良さはさすがだなぁと思いました。ちょっと混雑しすぎで落ち着かなかったのが残念でしたが、シーズンオフにまた訪れてみたいと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.