那須温泉・りんどう湖ロイヤルホテル(栃木県) 
なすおんせん・りんどうころいやるほてる

DATA
所在地栃木県那須郡那須町高久丙
源泉名那須高湯1,2,3,4号混合泉
入浴 2011年11月
泉質 含硫黄−カルシウム・マグネシウム−硫酸塩・炭酸水素塩温泉
泉温 源泉27.7度
PH 6.45
蒸発残留物935.8mg/kg
形態 リゾートホテル 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

那須は景勝地や温泉地をはじめ、牧場や遊園地、美術館やギャラリーなど、レジャースポット満載の人気のエリアです。自然豊かな森林に囲まれているので、活気がありながらも緑豊かな印象があります。インターからクルマで15分ほどのところには、りんどう湖ファミリー牧場というレジャー牧場があり、そのすぐ近くに「りんどう湖ロイヤルホテル」があります。
突如として13階建ての大きな建物が見えてくるので、とても高級感を漂わせています。真っ白な建物なので、白亜の城といった印象ですかね。レストランや宴会場、結婚式場なども備えた大きなホテルで、リゾート気分を満喫しながら過ごせそうな優雅なところです。館内に入るとまずはその広々として優雅なロビーに驚きます。浴場はそのまま正面、売店を抜けた廊下の奥にあります。
客室も200近くあるという大型のホテルということもあり、脱衣所もとても広々としています。鍵付きのロッカーと、簡易的なカゴの棚とあるので、どちらか適当な方を利用できます。洗面台もゆったりとしていて、アメニティも充実、さすがはホテルの浴場って印象がありました。ところが、温泉浴場にありがちの温泉分析表が見当たりません。廊下にも掲げていないようだったので、どんな温泉なのかがよくわかりませんが、まぁ、とりあえず中に入ります。
内湯はこれまたゆったりとした、大きな湯舟が中央にあり、周囲の壁にはズラズラッと洗い場が並んでいます。手前側にはサウナと水風呂もありました。湯舟はひとつですが、とにかく十分な広さがあるので、多少混雑していてもゆったりと過ごせそうです。ちょうど誰もいない時間帯だったこともあり、とても広々として印象を受けました。外側の窓ガラスがとても大きく、その先が庭園になっていて、内湯からの景色もばっちりといった感じです。
湯舟は、コバルトブルーの小さな円形のタイルがギッシリと敷き詰められた、鮮やかなインパクトがあります。無色透明の湯がドバドバと注がれ、また、けっこう大量に湯が溢れ出ていました。実は内湯は温泉ではないようですが、しっかりと掛け流されているのが凄いですね。露天風呂は内湯のすぐ外側にあり、岩風呂となっています。ところが、優雅な庭園をバックに巨石に囲まれた湯舟なので、最初は観賞用の池かと思いました。
奥には小さな滝が流れて湯舟に注がれていて、見た目には池そのものです。手前側に手すりが付いていることと、湯けむりがあがっているので、湯舟だと認識できます。また、露天へ出たところに温泉分析表も掲げられていました。温泉は露天だけで内湯は違うので、脱衣所に掲げていなかったようです。印象的には無色透明で、サラッとしているので、あまりインパクトのない湯です。
ちょっと消毒臭があるのと、キシッと固いような印象の湯です。内湯が温泉ではないとのことですが、サラッとしていてこちらの方が気持ちいいような気もしました。それはともかく、露天、内湯ともとっても優雅です。ゆったりと疲れを癒して、のんびりと過ごしたい、滞在型のリゾート施設だと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.