峰温泉・峰温泉大噴湯公園足湯(静岡県) 
みねおんせん・みねおんせんだいふんとうこうえんあしゆ

DATA
所在地静岡県加茂郡河津町峰
源泉名混合泉(峰-1号泉・2号泉・20号泉・28号泉)
入浴 2011年10月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉
泉温 源泉64.2度
PH 7.7
成分総計1.263g/kg
形態 足湯施設 混浴
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
脱衣所なし
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

伊豆半島の東側南部にある峰温泉は、川端康成の小説「伊豆の踊り子」の舞台のひとつとして有名な、人気の温泉地です。温泉街にはいくつもの温泉宿と、日帰り温泉施設や足湯など、温泉を楽しむ施設がいっぱいあります。中でも豪快に噴き上げる源泉を楽しめるのが、峰温泉大噴湯公園です。
大正15年(1926)に掘削に成功したという源泉で、地響きとともに50メートルも湯が吹き上がったとのことです。今では、周辺への影響を考慮して、噴き上げを制御して制限しているようで、一日に7回ほどしか噴き上げは実演されていません。時間になるとシューッと音とともに豪快に湯が噴き上げられ、周辺は雨が降っているかのように湯の雨が降ります。
湯の雨といっても、噴き上げられた時点で冷めてしまうので、熱くはないようです。さて、この公園のメインはこの自噴泉ですが、公園内にはこの他にもさまざまな施設があります。まずは源泉脇で自分で作るゆでたまご施設。売店で生卵を購入すると、番号のついたカゴが渡され、源泉脇の湯槽に沈めて12〜13分ほどで出来上がります。出来立てのホクホクのゆでたまごをおいしくいただけます。
それから、大噴湯を眺めるためのベンチがあるのですが、座る部分の下に温泉が流れているようで、いつでもあたたかいベンチになっています。暖かいというよりは、さすがに熱湯が流れているので、熱いくらいの温度でした。そして何より気になるのが公園の一番奥にある足湯施設です。簡易的な木造屋根のついた施設で、「あしゆ処」と書かれています。
足湯からも大噴湯を眺められるように、横に細長い湯舟となっていました。横にたっぷり10名は座れる長さです。対面に座れば20名が足湯を楽しめそうです。湯はさすがに熱く、足先だけでも十分に体全体をあたためられます。無色透明の湯は、非常にサラッとしたタイプの湯です。やっぱり足先だけでは物足りないという人は、近くにある日帰り温泉にいきましょう。無料で誰でも気軽に楽しめる施設なので、南伊豆旅行のついで立ち寄ってみましょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.