今井浜温泉・サンシップ今井浜(静岡県) 
いまいはまおんせん・さんしっぷいまいはま

DATA
所在地静岡県賀茂郡河津町見高
入浴 2011年10月
泉質 ナトリウム-塩化物泉
形態 日帰り温泉施設 男女別(水着での混浴あり)
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
異色度☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

伊豆半島の東海岸南部の今井浜温泉は、夏場は海水浴客で賑わう人気のレジャースポットです。海水浴で泳いだあとにじっくり温泉に浸かるのも、温泉地ならではの醍醐味ですね。気軽に立ち寄れる施設として人気があるのが、日帰り温泉施設の「サンシップ今井浜」です。海水浴場から歩いて数分のところにあります。サンシップというネーミング通り、船舶をイメージした建物になっていて、とてもユニークな印象を受けます。
館内に入るとまずは受付です。受付をしてから館内にあがり、履物を下足箱に入れるようです。正面は大きなガラス窓になっていて、外の海の景色を眺められるようにロビーになっていました。浴場は右側が男湯で、左側に女湯があります。脱衣所はコインロッカーがズラッと並びます。ただ、ロッカーはどれも有料なので小銭が必要です。入館料もそれなりにするので、ロッカーぐらいは無料にしてほしかったなぁと思います。
さっそく浴場に入りますが、浴場は意外にもそんなに大きくありません。海側の窓が広い内湯ですが、両サイドに洗い場があり、中規模程度の湯舟がひとつあるだけです。海が目の前に見え、しかも見下ろすように海岸美を楽しむことができるので、雰囲気はとてもよいのですが、温泉浴場としては物足りなさを感じてしまいます。ところがこの施設は、これだけではありません。実は、浴場から裏側に抜けるように通路と階段があります。
階段をのぼって階上に向かうと、なんととても開放的な露天風呂があるのです。ところが、この露天風呂は水着を着用しなければ入ることができません。女湯側からもあがれるようになっていて混浴となっているのです。水着を持っていなくても大丈夫です。受付で申し付ければ無料で借りることもできます。優雅に露天風呂を味わいながら、家族やグループでわいわいと楽しめるのです。また、サウナや水風呂もこの露天エリアにありました。
レジャー感覚で年間を通して楽しむことができますね。でも、やっぱり温泉は裸で入りたいと思うのが普通ですね。実はちゃんと男女別に露天風呂があるのです。露天風呂は建物からは少し離れた場所にあります。受付前にサンダルが用意されているので、そこから「露天風呂」と書かれた案内にしたがって外へ出ます。建物の裏側に向かい、そこから脇の磯に向かって通路が続きます。歩いて1〜2分ほど磯の先に向かうと、そこに浴舎が建っていました。
こちらは簡素な脱衣場で、木造の棚が並んだ狭いところです。この素朴感もわくわく感を盛り上げてくれます。そして扉を開けると思わず「わっ」と声を出してしまうくらい、海が目の前に広がる開放的な露天風呂があわられます。岩風呂の小さな湯舟が手前側にあり、そしてその先にも湯舟があります。ちょっとした手すりがあるだけで、真下は磯と海です。湯舟に浸かっているだけで、潮風を感じ、目の前の海、そして水平線を眺められるなんて最高の気分です。
夕方ならサンセットを楽しみながらロマンチックな時間を過ごせそうです。ずいぶんと奥の深い温泉施設だと感じました。町営の浴場のわりには料金は高めですが、レジャースポットとして人気の高いところだし、施設もそれなりに充実ですので悪くないです。町内に宿泊すると割引で利用できるようなので、こちらもチェックしておくといいでしょう。 p.s. 残念ながら2012年9月末で閉館してしまったそうです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.