北橘温泉・ばんどうの湯(群馬県) 
ほっきつおんせん・ばんどうのゆ

DATA
所在地群馬県渋川市北橘町下箱田
入浴 2011年10月
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉60.4度
PH 7.5
蒸発残留物8.12g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

渋川駅からクルマで10分ほど、城山という小高い丘の上に建つ日帰り温泉施設が「ばんどうの湯」です。利根川を見下ろす高台で、箱田城という城址があり、公園として整備されたのどかな場所にあります。雄大な景色が自慢ということでさっそく訪れてみます。国道から脇道に入っていくと、城山と書かれた看板があります。城山に向かって坂道を登っていくと、やがて温泉の看板が見えてくるので左折します。
広い駐車場の先に温泉施設があるのですが、駐車場からでもこの開放的な雰囲気がとても感じられました。というのも、駐車場のすぐ先には街並みが小さく広がっているのです。これは浴場からの景色も期待できそうだと、はやる気持ちを抑えながら中に入ります。駐車場が広いわりには小ぢんまりとした小さな施設です。
かなり人気のある施設のようで、平日の午前中に訪れたにもかかわらず、駐車場はクルマがいっぱいです。館内に入るとシューズロッカーが並び、そして奥に入ると受付がありました。受付ではシューズロッカーの鍵を渡すと、番号札が渡されました。利用に時間制限があるので、この番号で管理しているようです。館内は、まずは食事処があり、そして廊下の奥に浴場があります。
右にカープした細長い建物のようで、けっこう奥行きがあります。脱衣所はコイン返却式のロッカーと簡素な棚とカゴが並んでいました。浴室は手前側に小さなサウナがあり、内側にボディソープ、リンスインシャンプーの用意された洗い場、そして円形の湯舟とその奥に広めの主浴槽がありました。人気があるわりには小ぢんまりとしているので、けっこう混雑した印象です。
時間制限があるとはいえ休日の場合は待ち時間が出来てしまうのではないですかね。まず内湯ですが、湯舟の湯はほんのりと黄色っぽく見えます。また、軽く牧草のような植物系の臭いもありました。循環されているようですが、しっかりとした質感としっとりとした浴感がありました。湯の質もなかなか悪くないようです。そしてやはり気になるのは景色です。
窓は大きくとってあって、そこからは広い景色が眺められます。残念ながら今回は雨天で霞んでしまっていますが、それでも目の前を優雅に流れる利根川や、その先にある街並みを眺めることができました。続いて露天風呂です。こちらは内湯のすぐ外側にありますが、一段低くなったところにあります。こちらの湯舟もゆったりとした広さがあります。横に細長い湯舟ですが、手前側からは隠れるようにして打たせ湯もあります。
打たせ湯の目の前には大きな水車もあり、風情もたっぷりです。そして何よりも開放感たっぷりで、内湯よりも壮大なパノラマ景色を眺められます。霞んでいるのがもったいないほど開放感抜群です。晴れていれば渋川や前橋の市街地だけでなく、榛名山、秩父連山も楽しめるのだそうです。こうなると夜景も楽しみになってきます。現に夜景は最大の自慢だそうで、次回は是非とも夜景を楽しみに再訪したいと思いました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.