柵口温泉・権現荘(新潟県) 
ませぐちおんせん・ごんげんそう

DATA
所在地新潟県糸魚川市田麦平
源泉名新柵口温泉2号
入浴 2011年10月
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
泉温 源泉46.2度
湧出量毎分110リットル
PH 7.7
蒸発残留物1800mg/kg
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

国道8号線能生の交差点から12キロほど、シャルマン火打スキー場に向かう途中にある温泉地が柵口温泉です。権現荘は看板には「能生町教育自然センター」と書かれていて、ちょっと堅苦しい印象がありますが、見た目には普通の大きな宿泊施設となっています。大きな建物が2つ並んでいて、右側が旧館で左側が新館のようです。入口は旧館側にありました。館内に入るとすぐに受付があります。
日帰り入浴も積極的に行っていて、正面の大広間は日帰り客の休憩室として利用されているようです。浴場は男女別の大浴場と、日替わりで男女が入れ替わる「岳の湯」があります。岳の湯はサウナがついている浴場だそうですが、残念ながらこのときは女湯に設定されていて、入ることができませんでした。大浴場は新館に向かう廊下の途中にあります。大きな暖簾が男女別に揺れていました。
脱衣所内は簡素な棚にカゴが並んだ簡素なスタイルです。廊下に貴重品用のロッカーがあるので、財布等はそちらを利用しましょう。浴場は大きな湯舟と大きなガラス窓が印象的な内湯と、そのすぐ外側に露天風呂がありました。内湯はボディソープ、シャンプー、コンディショナーの用意された洗い場が内壁側にあり、ゆったりと大きな湯舟が窓側横いっぱいにありました。
一角には植木の置かれたデッドスペースがありましたが、そこはもともと打たせ湯だったようです。湯は無色透明のサラッとした湯です。また、肌を撫でるようにツルリとした浴感があり、とても気持ちのいい湯です。窓際に歪な形をした石材を組んだような湯口があり、ジャブジャブと注がれていました。窓が大きく採光豊かで明るい印象を受けました。露天風呂は湯舟の中を通って外側に向かいます。
巨石を配した岩風呂になっていて、こちらも内湯と同じぐらいゆったりとしたものです。露天のすぐ脇には能生川の清流が流れています。湯舟に注がれる湯の音と、川のサラサラとしたせせらぎが重なって、のんびりとした雰囲気を楽しむことができました。権現岳の登山口となっているようで、登山客の拠点宿としても人気が高いそうですが、のんびりゆったりと喧騒を忘れたい人にもぴったりの宿だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.