不老長寿の湯・ザ・グランドスパ南大門(栃木県) 
ふろうちょうじゅのゆ・ざ・ぐらんどすぱなんだいもん

DATA
所在地栃木県宇都宮市今泉
入浴 2011年9月
泉質 ナトリウム―硫酸塩・塩化物温泉(含食塩-芒硝泉)
泉温 源泉39.6度
掘削深度1,200メートル
PH 8.7
蒸発残留物2179mg/kg
形態 健康ランド 男女別
効能 筋肉痛、関節痛、手足の冷え、打ち身や捻挫、婦人病、疲労回復など
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
優雅度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

栃木県の中心地宇都宮。JR宇都宮駅の北側、数百メートルのところに建つゴージャスな温泉施設がザ・グランドスパ南大門です。ネーミングも立派で驚いてしまいますが、実際に目の前までくるとその豪華さにまたもや驚いてしまいます。とても重厚な面構えの建物で、一瞬「あれっ?間違えたかな?」と思うようなつくりです。でもここが温泉施設なのですね。館内に入ると、男女別に分かれたシューズロッカーがあります。
どうやらこのロッカーキーで管理をしているようです。受付を済まして中に入ると、その奥に男女別に大きな浴場入口がありました。この施設は1階が浴場で、2階がレストランやリラクゼーション、ゲームコーナー、そして広々としたレストルーム、3階には1人ずつ空間の保たれたプライベートキャビンがありました。この温泉施設は24時間営業していて、夜間は深夜料金を追加するだけで宿泊できてしまう健康ランド系の温泉施設です。
今回は翌日に宇都宮市内で仕事を抱えていたので、ゆっくりと宿泊して温泉を楽しむことにしました。せっかくなのでプライベートキャビンを利用してみます。今回はスタンダードタイプを利用しましたが、2段ベッドが並んだ感じで、寝台列車のような雰囲気です。それぞれにテレビなども用意されているのでゆったりと自分の空間を過ごすことができました。チェックインしたところでさっそく浴場へと向かいます。脱衣所は靴箱の鍵をそのまま利用します。
IC型の電子キーのようで、ピピッと音がして開閉できるロッカーです。とても広々としていて週末でもたっぷりと収容できそうです。浴場に入ると、ゆったりとした内湯にはいくつもの湯舟が並んでいて、とてもゴージャスです。ところどころにビーナスやら動物の石像が配されているのも、優雅な気分を演出していますね。洗い場にはボディソープ、シャンプー、コンディショナーの他、シェービングクリームも用意されています。
シェーバーやアカスリタオルも準備されていました。いたれりつくせりって感じがまたいいですね。湯舟はどれもゆったりとした大きなもので、奥にある桧風呂が気に入りました。でも肝心のヒノキは縁の部分だけで、木造に見える浴槽部分は実は木造デザインのタイルとなっているようでした。浴室内で気になるのは円形の湯舟です。これはスパークリングスパといって炭酸泉のようです。サイダーの中に浸かっているみたいで、シュワシュワとした浴感がたまりません。
少しぬる目なのに、妙にポカポカとあたたまる感覚もいいですね。続いて気になるのは内湯の一番奥にある巨大な浴槽です。浴槽というよりプールです。いや、プールにぬる目の温泉が入っている感じですかね。ということでこの湯舟は泳いでもいいのです。素っ裸で泳ぐのも何だか妙な気分ですが、子供たちにはウケることでしょう。露天風呂は巨石の配された岩風呂となっていました。上段、中段、下段と3つに別れていて、上段の湯舟にはテレビがついていました。
そして下段の湯舟は源泉掛け流しの湯となっているようで、少しぬる目の湯が味わえます。湯は無色透明ながらもツルッとした浴感のある柔らかい感じの湯です。露天の雰囲気もいいので、ゆったりと浸かっていると、とても宇都宮の市街地にいるとは思えないような至福のときを過ごすことができました。その他、サウナではロウリュウが行われていたり、水風呂も大きく、漢方湯などの薬湯も充実していて、とにかく贅沢三昧です。
2階の休憩エリアでは、焼肉や中華、和食など何軒かのレストランも営業していて、食も楽しめます。それに館内にはいたるところにコミックの本棚があるので、お好みのコミックを読破したり、ゲームコーナーも充実しているので、一日中飽きることなく過ごすことができます。駅からとても近いので、ビジネスホテル代わりに利用するのもいいかもしれませんね。とにかく大満足の贅沢できる温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.