四万温泉・こしきの湯(群馬県) 
しまおんせん・こしきのゆ

DATA
所在地群馬県吾妻郡中之条町四万温泉
源泉名四万温泉 湯の泉
入浴 2011年9月
泉質 単純温泉
泉温 源泉42.81度
PH 8.2
蒸発残留物1.01g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
異色度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

温泉情緒漂う山間の温泉地、四万温泉。谷間を縫うようにいくつもの温泉旅館が建ち並んで、静かながらも人気の温泉街です。その温泉街のずっと奥には、巨大な重力式コンクリートダムの四万川ダムがあります。治水や利水を目的に作られた大きなダムで、平成11年(1999)に出来たばかりの比較的新しいダムです。そのダムのすぐ畔に建つ温泉施設が「こしきの湯」です。
湖畔というよりもダムの一部ってぐらいダムのすぐ脇にあります。ダムを眺める絶景ポイントにちょこんと建つ日帰り温泉施設なのです。やや小ぢんまりとした施設ではあるものの、矮小というほどではありません。ところが駐車場は狭くて、7台ほどのスペースがあるだけです。以前にも2度ほど、この湯に浸かろうとやってきたのですが、駐車場が満杯で諦めていたところでした。
今回は3度目の正直ということでやってきました。といっても今回も駐車場がいっぱいです。時間をずらそうと、ここの源泉である湯の泉に散歩にいって、1時間ほど経ってから来ると、すんなりと入れました。館内に入ると、ダムの模型があったりして、ダムの見学施設のような感じです。ところが、その前の受付をすると奥には温泉浴場と休憩室があって、ゆったりと過ごすことができます。
浴場はダム側にあります。脱衣所前には鍵付きのロッカーがあるので、貴重品はそこに預けましょう。脱衣所には棚とカゴが並んだシンプルなタイプです。浴場はもっとシンプルで、洗い場とちょっとした湯舟がひとつあるだけです。でも、御影石の重厚な湯舟で、綺麗で明るく清潔的な印象を与えてくれます。また、窓も大きくて、期待通り外のダム湖を眺めることができるのです。
小さくて素朴な浴室ながらも、雰囲気がとてもいいですね。三度目の挑戦でありながらも、今回は休日だというのに他に入浴客がいません。受付の人も、「タイミングいいわね。ちょうど誰もいなくなったから、貸切よ」とのこと。ラッキーでしたね。このあと急ににわか雨が降ったこともあり、結局このまま貸切状態で楽しめました。
湯は無色透明でサラッとした滑らかな感触です。やや山の水のような生臭さがありました。源泉はダムの奥にある「湯の泉温泉」です。ダムが出来るまでは、野趣満点な野天風呂を味わえましたが、現在では引き湯のためのポンプがあるだけで、湯舟は使えません。このワイルドさを新しい施設にも引き継いで欲しかったなぁと思うのでした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.