裏磐梯温泉・露天風呂「香の湯」(福島県) 
うらばんだいおんせん・ろてんぶろ「こうのゆ」

DATA
所在地福島県耶麻郡北塩原村檜原
入浴 2011年9月
泉質 カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物温泉
形態 日帰り温泉施設 男女別 家族風呂
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、火傷、動脈硬化症など
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
野趣度☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

小野川湖の西岸、ペンションやキャンプ場の並ぶ、レジャースポットにある日帰り温泉施設が「露天風呂 香の湯」です。露天風呂と名前があるとおり、ここは内湯はなく露天風呂だけの施設となっています。ちょっと隠れるように奥まったところにあるのですが、けっこう規模の大きな温泉施設です。夏の夕暮れ間近にお邪魔しました。ナビを辿りにやってくると、なるほどちょっとわかりづらいところにあります。
「露天風呂」と書かれた門を入ると、広い砂利の駐車場があり、その周りに小さな小屋や池、施設などが点在しています。門に近い建物が受付棟のようです。ログハウスのようなかわいらしい建物で、男女別の浴場の他、家族風呂の受付も行っていました。駐車場に出るとわかるのですが、点在している施設はどうやら露天風呂のようで、その一部は家族風呂になるようです。
まず第一印象だけでも魅力的だったので、こりゃ人気がありそうだと思ったのですが、不思議と誰もいません。定休日かと思いきや、営業中とありました。おそるおそる近づくと、しっかりと営業していて受付も普通にできました。どうやらタイミングがよかったようで、今ならどこも貸切状態です。これならわざわざ家族風呂に入らなくても広い湯舟を独占できそうなので、普通の男湯に向かいました。
男湯は「しょうぶの湯」となっていて、ベンチの並んだ休憩エリアを抜け、存在感溢れる巨大な温泉櫓の裏を通り、小さな橋を渡るとそこに浴場がありました。このアプローチも何だかドキドキさせてくれます。こちらの浴場もログハウスのような木造の小屋です。森の中に隠れるようにしてあるので、雰囲気もたっぷりです。棚にカゴの並んだ簡易的な脱衣所と、その先には洗い場がありました。
洗い場も建設ボードに囲まれた仮設のようなところです。でも、シャワーもカランもしっかりとしています。そしてすぐ外は露天風呂です。本当に露天しかないんですね。露天は大きな岩風呂になっています。その先は森になっていて、本当に森の中の温泉という感じです。森林浴と温泉浴を同時に味わえるわけですね。湯舟はさらに一段高いところに浅い湯舟がありました。
枕のようなものもあるので、寝湯のようです。これも変わった印象のものです。貸切状態だったこともあって、とても優雅に、そして贅沢に湯を楽しみました。規模はこれより小さくはなるだろうけれども、この様子なら家族風呂も期待できそうです。家族水入らずでゆっくりしたいなら、そちらもいいでしょう。ちなみに湯はほとんど無色透明ですが、微妙にツルッとした浴感と、硫黄泉のような軽い油臭も僅かにありました。
湯の質も悪くないようで、雰囲気だけでなく温泉も合格点でしょう。ちょうどあがる頃に後から何組かの入浴客がやってきました。そこそこ人気があるようですが、もしかしたら穴場的な存在なのかもという印象です。でもおススメであることに間違いありません。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.