白浜温泉・長生の湯(和歌山県) 
しらはまおんせん・ちょうせいのゆ

DATA
所在地和歌山県西牟婁郡白浜町古賀浦
源泉名長生温泉、東谷温泉
入浴 2011年8月
泉質 ナトリウム炭酸水素塩化物泉
泉温 源泉78.9度、源泉59度
湧出量毎分256リットル、毎分114リットル
PH 7.6、7.8
蒸発残留物4.073g/kg、2.110g/kg
形態 温泉入浴施設 男女別
効能 慢性関節リウマチ、やけど、美肌など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆
穴場度☆☆☆
野趣度☆☆☆☆
異色度☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

南紀白浜といえば、夏は海水浴のメッカ、そして一年を通じて観光のメッカとなっています。豊富な湯量の温泉があり、また万葉の時代から親しまれているという崎の湯など、古くから賑わう温泉地であるとのことです。そんな、温泉天国の白浜ですが、その中心地からは少し離れた、白浜の入口にあるのが長生の湯です。
県道沿いにあるのですが、温泉施設に入るには駐車場に壁があり、その壁の間にある出入口から入らなければなりません。ちょっと入りづらいので、注意しながら入りましょう。壁の出入口は2つあり、入口専用と出口専用となっていました。ここは温泉施設だけでなくラーメン屋が隣接してあります。どちらも人気のスポットとなっているようです。
施設はそれほど大きなものではありません。駐車場もそんなに広くもないので、シーズン中はそれなりに混雑しそうです。また、施設の目の前には足湯もありました。足湯だけなら無料で利用できそうです。足湯施設も無料とはいえ、けっこう立派なものです。飲泉場もあるのでさっそく飲んでみましたが、しっかりとした独特の温泉味がありました。
足湯はそれなりに熱いので、こちらも満足できそうです。さて、肝心の温泉施設の方ですが、入るとすぐに受付があり、その両サイドに浴場入口があります。右奥にはちょっとした休憩所もありました。脱衣所は簡易的な鍵付きの木造ロッカーが並びます。そんなに広いわけでもありません。浴室は内湯と露天風呂がありました。
内湯は内壁側に洗い場が並び、大きなゆったりとした湯舟がひとつあります。質素ながらもこの素朴感がとてもいい感じです。湯は無色透明で、透き通った印象のある湯です。浸かるとけっこうはっきりとしたツルツル感があるのが特徴のようです。とてもサラッとした感覚もあり、なんとも心地よい感じですが、先ほどの飲泉で味わったような個性的な印象が感じられませんでした。
循環装置によってそのあたりの成分が変わってしまったのですかね。それとも浴用とは別なのでしょうか? 続いて露天風呂に向かいます。内湯の湯舟をとおって外にでます。こちらは岩風呂になっていて、こちらもゆったりとした大きさがあります。すぐ真裏が山になっているので、自然の中のお風呂といったワイルドな印象があります。
そのため、葉っぱや虫が多いのですが、これも醍醐味ですね。岩風呂の奥には四角く囲った湯舟がありました。こちらは備長炭の風呂になっているようです。底に真っ黒く敷き詰められた備長炭がインパクトを与えています。気のせいか、ここの湯はさらにすっきりとした印象があるような気がします。それにしても本当にのんびりとした雰囲気があって、いい感じです。素朴ながらもゆったりと湯を楽しめる、そんな温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.