おくとろ温泉・きたやま(和歌山県) 
おくとろおんせん・きたやま

DATA
所在地和歌山県東牟婁郡北山村下尾井
入浴 2011年8月
泉質 単純硫黄泉(アルカリ性低張性低温泉)
泉温 源泉29.6度
湧出量毎分67リットル
PH 9.2
蒸発残留物0.786g/kg
形態 道の駅の日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
秘湯度
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

和歌山県の飛び地、北山村は奈良県と三重県に隣接しながらも和歌山県には接していないという変わった村です。自然豊かな山村で、その大自然を優雅に味わうことができるのが、道の駅「おくとろ」です。道の駅といいながらも、レストランや売店の他、宿泊バンガローやオートキャンプ場、そして温泉施設も備えた総合アウトドア施設となっているようです。
国道沿いにありながらも、とても細くて険しい道のりなので、まさに秘境気分を味わうにはもってこいの施設です。ちょうどこのときも、道幅の拡張工事を行っていましたが、まだまだほとんどがクネクネと細い山道になるので、ハンドルを握る手に力が入ります。羊腸小径とまでは言いませんが、慎重に運転していきましょう。
運転で疲れた後にはやっぱり温泉、ということでゆっくりと温泉で体をほぐしましょう。ここはすごく山奥という印象のわりにはとても大きな施設で、夏休みということもって沢山の人で賑わっていました。アウトドアで1日遊んだ後にも温泉で癒されたいものですよね。温泉施設はレストランのすぐ脇にあります。けっこうモダンな造りになっていて、温泉施設という雰囲気があまり感じないところも面白いです。
フロントの目の前に浴場の入口があり、奥の方に休憩エリアがありました。脱衣所も綺麗でスッキリとした感じです。浴場は内湯と露天風呂があり、それぞれ別々に向かいます。内湯は大きな浴槽と、中央にジャグジー風の風呂がありました。また水風呂とサウナもあります。ゆったりとした感じの浴場で、のびのびと湯舟に浸かることができました。
湯は無色透明ですが、微妙に濁っているような感じがありました。硫黄泉独特の臭いがあり、けっこう個性派の温泉のようです。浴場内には入口付近に源泉と書かれた大きな(かめ)がありました。大人がゆったりと入れるぐらいの大きさですが、場所的にも掛かり湯なのかと思ったが、どこにも「入らないでください」の文字がありません。
たいていのところはそのような注意書きがあるんだけどなぁと思ったら、なんと入ってもいいそうです。さっそく浸かってみると、ザザーッと溢れ出す湯が気持ちいい。しかも水風呂というほどでもないけど、かなりぬるーい湯です。そしてそのすぐ脇には飲泉もありました。プンッと香る硫黄臭がたまりませんね。
露天風呂はウッドデッキのようになっています。そしてこちらにも壺湯と岩風呂がありました。なかなか気持ちのいい湯で、また露天ということもあって森の空気が爽やかでとてもよかったです。非常に快適だったので、ついつい眠くなってしまうほどでした。アクセスがちょっと大変だけども、キャンプをしながらのんびりと過ごしたいところだと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.