潮香の湯・かんぽの宿「鳥羽」(三重県) 
かんぽのやど「とば」

DATA
所在地三重県鳥羽市安楽島町
入浴 2011年8月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉26.2度
湧出量毎分20リットル
PH 9.5
ラドン含有量0.1x10-10Ci/kg(0.03M・E/kg)
形態 公共の宿 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆

鳥羽市は三重県の中でも有数の観光景勝地です。鳥羽水族館やミキモト真珠博物館などもあり、また、鳥羽湾を見下ろす景勝地にそのまま建つ数々の旅館やホテルも魅力的です。そんな観光地で優雅でリーズナブルに利用できるのが「かんぽの宿 鳥羽」です。ちょっとした高台の上にあり、しかも天然温泉を利用した浴場があるのも自慢のひとつです。
ここも気軽に日帰り入浴を受け付けているので、さっそく温泉目的でやってきました。市街地からは川の河口の対岸にあたりますが、街のはずれという雰囲気ではなく、優雅な旅館やホテルが建つ一等地という印象です。湾内を回り込むように護岸沿いに進んで、案内に従って高台にあがると大きな建物がみえてきます。館内に入ると広いエントランスホールにフロントがあり、とても優雅な雰囲気がありました。
浴場は売店の脇を過ぎた奥にあります。浴場は内湯のみのわりと小ぢんまりとしたタイプのものです。脱衣所をぬけて浴室に入ると、大小2つの湯舟が中央にあります。瓢箪のように2つの湯舟がつながった形になっていますが、小さい方はジャグジーバスのようになっていました。洗い場は脇の壁際にズラリと並んでいます。外側はガラス窓ですが、期待していたほどの景色はありませんでした。
それというのも周囲の木が邪魔をしてしまって、せっかくの高台のロケーションが活かしきれていません。せっかくのロケーションなのに勿体なく感じますが、ここは建物の1階部分であり、客室からはきっと雄大な景色を楽しみながら過ごすことができるのでしょう。そんなわけでチラッとしか海は見えませんが、とても明るく開放感のある浴場には違いありません。
また、浴室内の隅のスペースに、石のオブジェなどもあり、雰囲気造りは考えられているようです。でもやはり天然温泉が引かれているのなら、浴場にももっと気を遣って欲しかったなぁという印象です。せめて露天風呂とかがあるといいのになぁと思いました。さて、肝心の湯ですが、こちらは完全な無色透明の湯です。サラッとしていて、特に気になる浴感はありません。
単純温泉ということで、それほど目立った成分はないようです。循環式で飲泉もできないので、味覚はわかりませんが、少し舐めてみても特に気になる特徴はありませんでした。まぁ、ここは観光地なわけですし、泉質よりも天然温泉が味わえる観光宿と考えた方がいいでしょう。非常に立地もいいところですし、観光の拠点として是非利用してみてはいかがでしょうか。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.