松坂温泉・熊野の郷(三重県) 
まつざかおんせん・くまののさと

DATA
所在地三重県松阪市中万町
入浴 2011年8月
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉
泉温 源泉29.1度
湧出量毎分120リットル
PH 8.4
蒸発残留物1.18g/kg
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
優雅度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

松坂市の郊外、国道42号線沿いに建つ日帰り温泉施設が「松坂温泉・熊野の郷」です。とても新しい温泉施設なのですが、ただ新しいだけではなく内容も充実していて非常に人気の高い温泉施設になっているそうです。さっそく訪れてみますが、国道沿いながらもあまり目立ちません。看板はあるものの、建物は少し奥まったところにあるので、よくよく気をつけてないと通り過ぎてしまうので注意しましょう。
でもこれはそのうち入口部分が整備されれば解消されることでしょう。純和風の建物ですが、浴場は和風とバリ風とがあるそうです。定期的に男女が入れ替わるシステムとなっていました。館内で受付をするとリストバンドが渡されますが、鍵穴タイプのものではなく非接触型のICタイプのようです。館内はレストランやエステなどもあるので、そちらの会計にも使えるようです。
今回は男性用は和風風呂になっていました。和風風呂は館内をグルッとまわった奥の方にあります。浴舎のすぐ手前で渡り廊下があるのですが、これがまたちょっとした庭園があってとても優雅な雰囲気がありました。まるで高級な和風旅館にでも来たような雰囲気です。また、子どもは利用不可の大人向け休憩所や足湯施設も館内にはありました。
安らぎを求めて温泉施設にきても、まわりがうるさくてちっとも休まらないことがありますが、こういった配慮はとても嬉しいですね。さて、脱衣所に入るとロッカーが並んでいますが、非接触型のキーということでリストバンドをロッカーにかざすとドアが開閉する仕組みになっていました。ハイテクっぽいですね。ちなみにキーシステムは韓国製のようです。浴室に入ると、いかにも和風といった木造の内湯が広がります。
内湯とはいえけっこう広々としていて開放的です。ジェットバスや主浴槽、源泉浴槽、水風呂、サウナがありました。源泉浴槽以外はすべて無色透明で、源泉浴槽は若干赤茶色く濁っていました。他の浴槽は濾過されているのでこの湯舟だけが温泉っぽく感じます。質感はあまり特徴はありませんが、浴後にサラッとした感覚のある湯に感じました。
続いて露天風呂です。こちらも広々としていて豪華です。寝湯や大きな岩風呂、そして巨石を刳り貫いた石風呂が3つ並んでいます。そしてさらに奥には古墳のようにこんもりとした石の丘があります。何かとおもったらその真下が蒸し風呂になっているようです。中に入ると、意外と広くてゆったりしています。けっこう熱い蒸気が満たされていて、これはとても豪快です。
すぐに汗だくになりました。蒸し風呂を出たところにシャワーがあるので、汗をすぐに流すこともできます。それにしても内湯、露天ともに優雅な雰囲気です。これなら人気がでるのもわかりますね。今回は和風風呂でしたが、パンフを見るかぎりバリ風も良さそうです。まさにリゾート感覚で温泉を楽しむことができることでしょう。1日ゆったりと過ごしてみたいところだと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.