十二坊温泉・ゆらら(滋賀県) 
じゅうにぼうおんせん・ゆらら

DATA
所在地滋賀県湖南市岩根
入浴 2011年8月
泉質 単純弱放射能低温泉(低張性弱アルカリ性温泉)
泉温 源泉28.2度
湧出量毎分416リットル
PH 8.24
ラドン含有量31.4×10-1キュリーラドン/Kg(8.62マッヘ/kg)
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

十二坊温泉「ゆらら」は琵琶湖の南西、湖南市にある大きな温泉施設です。温泉の歴史はとても浅く、平成6年(1994)に湧出したばかりのニューフェイスです。「ゆらら」は平成11年(1999)に開業しました。ここは温泉だけでなく、大きなプール施設やエステ、レストランなども兼ね備えています。夕方に訪れましたが、入浴客でとても賑わっているようでした。
館内に入ると右手にシューズロッカー、左手にレストランがあります。レストランは館内の受付をしなくても利用できるようです。館内では自動券売機で入浴券を購入してフロントを利用するシステムです。浴場は階段をあがった2階にあります。階段の目の前に大きな広間があり、右手に浴場の暖簾が揺れています。脱衣所は木造のロッカーが並びます。
キャパシティもそれなりにあり、人気の温泉施設だというのがうかがえますね。浴場は「修験の湯」「百伝の湯」の2つの異なるコンセプトが用意されていて、偶数日・奇数日で男女を入れ替えているようです。今回は「百伝の湯」に入ることができました。こちらの浴場は眺望自慢の湯だそうで、布引山や遠くには鈴鹿の山々が眺められるそうです。
また、開放的な露天からは星空も眺められるとのことでした。夜間だったので夜空を楽しむことにしましょう。浴室はタイル張りの内湯、そして岩風呂の露天風呂があります。内湯は広々としていて狭苦しさはまったくありません。内壁側にリンスインシャンプー、ボディソープの用意された洗い場が並び、窓際に大きな湯舟があります。湯舟の脇には大きな壁画もありました。
お寺の境内の鳥瞰図のようです。医王山と書かれていました。シンプルな浴室に、落ち着いた壁画でとてもいいインパクトになっています。湯は無色透明ですが、微妙に濁っているような気もします。ツルツルとした浴感があるぐらいで、あまり他に気になる要素はありません。まぁ、こんなもんでしょうか? 内湯には他にサウナと水風呂があります。続いて露天風呂へと出てみると、こちらは岩風呂になった円形の湯舟がありました。
露天エリアはそこそこの広さはあるのですが、湯舟はこれひとつのようです。夏場だったのですが、やはり露天は気持ちいいものですね。蒸し暑い日だったにもかかわらず、何故か暖かい湯がとても気持ちいいものになるのだから不思議なものです。露天にはデッキチェアもあるので、涼みながら露天を満喫するのがいいでしょう。ゆったりと過ごすことのできる温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.