嬉野温泉・ホテル桜(佐賀県) 
うれしのおんせん・ほてるさくら

DATA
所在地佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙
源泉名嬉野温泉観光株式会社第4-1源泉
入浴 2011年1月
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
泉温 源泉78.4度
湧出量毎分80リットル
PH 7.54
蒸発残留物1271mg/kg
形態 観光旅館 男女別
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度
優雅度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

嬉野温泉は佐賀県のみならず、九州を代表する温泉地のひとつです。古くから知られる温泉地で、かつては長崎街道の宿場町としても栄えた歴史を持っています。現在でも多くの温泉旅館が建ちらならび、大きな温泉街を形成しています。「ホテル 桜」は、派手なピンクの看板が遠くからでも目立つ温泉観光ホテルです。目立つのは外観だけでなく、館内に入って浴場に向かうまでのアプローチもゴージャスな雰囲気で圧倒さてしまいます。
それというのも、ロビーは10階吹き抜けになっていて、見上げると各階のフロアの廊下が縞模様のように見え、奥行きがとてもダイナミックです。そして浴場はその10階の最上階にあるのです。さっすくエレベータに乗り込みますが、シースルーのエレベータなので浴場までのアプローチも十分に楽しめます。よくよく見てみると、目の前には滝というか壁沿いに水が流れているのですが、上から下までザザーッと豪快な高さを落ちていっているのです。
これはなかなかの演出ですね。さて10階に辿り着くと浴場は左右に男女がわかれます。脱衣所は棚にカゴが並んでいました。貴重品用のロッカーが出入口付近にあります。暗証番号を入力するタイプのロッカーなので、番号を忘れないように注意しましょう。浴場に入ると、内側に洗い場があり、外側の窓際に湯舟がありました。
洗い場はボディソープやシャンプー、コンディショナーのほかに、洗顔用の化粧石鹸もありました。また、壁際にある洗い場の他に、八角形の形をした柱状の洗い場もありました。湯舟は窓際沿いに逆L字型のものがありました。両サイドから湯が注がれ、また角からも湯が注がれていました。湯は無色透明でツルッとした浴感がある、なんとも滑らかな感触が特徴的です。
内湯は窓ガラスがとても大きくて、しかも10階という高い場所ということもあり、嬉野の街を見下ろせてとても優雅な感じです。続いて露天風呂に出てみます。露天は屋上ということもあり、風が通り抜けてちょっと寒いです。もちろん冬だったこともあるので、他の時期なら気持ちいいことでしょう。湯舟は手前側に小さいのがあって、奥に細長い岩風呂がありますが、実はこれは同じ湯舟でした。
それというのも、途中に橋があって遮られているだけでした。湯舟はさらに奥にもありますが、こちらは水風呂です。そしてその脇にサウナがありました。露天で面白いのが、壁際が水のカーテンのようになっているのです。カーテンといってもその先にガラスブロックの壁があるのですが、とても優雅な演出を出していました。露天の雰囲気もよく、また景色も一望できるのもポイントが高いです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.