たら竹崎温泉・太良観光ホテル(佐賀県) 
たらたけざきおんせん・たらかんこうほてる

DATA
所在地佐賀県藤津郡太良町大浦丁
源泉名太良温泉 亀ノ瀬源泉
入浴 2011年1月
泉質 単純温泉(低張性 中性 低温泉)
泉温 源泉25.2度
湧出量毎分45リットル
PH 7.49
蒸発残留物0.294g/kg
形態 観光ホテル 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
異色度☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

佐賀県の南東端、太良町は冬場は豪快な牡蠣焼きを楽しめるグルメスポットになっています。また、竹崎カニというワタリガニの美味しいところでも有名です。そんな冬のグルメを満喫しに太良町までやってきましたが、やはり牡蠣焼きとなると体が燻されてしまい、風呂に入りたくなります。そんなわけでやってきたのは大浦港のすぐ目の前にある、太良竹崎温泉の「太良観光ホテル」です。
ここは宿泊施設ですが、立ち寄りでの入浴も受け付けてくれるので、こういったグルメ旅のついでに立ち寄ってみるのもいいでしょう。国道から看板に従って脇道に入り、長崎本線の鉄道をくぐるとその先に宿が見えてきます。海岸沿いにポツンと建つ旅館ですが、鉄筋の綺麗な建物で、屋根が丸くなっているのでカマボコのような印象を受けました。館内に入ると、洒落た感じのロビーとフロントがありました。
浴場は1階、廊下の一番奥にあります。右側が男湯で、左側が女湯になっていましたが、時間帯によっては男女が交替することもあるそうです。脱衣所に入ると、小ぢんまりとしながらも棚にカゴが並んでいて、小さな洗面台もあります。内湯はタイル張りのシンプルなスタイルですが、ガラス窓に囲まれた角に湯舟があり、採光豊かでとても明るい印象を受けました。湯は無色透明でサラッとした感じの湯です。
奥の岩を組み上げたような階段状の水路を渡って、湯が注がれています。シンプルな浴室ながらも、微妙な演出がユニークですね。さてここで気になるのが露天風呂です。脇の扉を開けると、浴室の脇を抜けるようにして少し先に小さな岩風呂がありました。小さな岩風呂ですが、とにかく雰囲気がいいです。なんといってもその開放感は只者ではありません。
岬の先に出っ張るような感じで作られているのでしょうか、岩風呂のすぐその先は海岸です。とにかく開放的なのはいいけど、対岸の港や防波堤からも丸見えなような気がします。また、目の前の岩場では釣り人がいたりして、なんだか気恥ずかしい感じです。でも、これが開放感というもの、優越感にも浸る気分で湯に浸かります。本当に目の前は海なので、湯舟でゆったりとくつろいでいると、フナムシがチョロチョロと目の前を歩いていたりします。
このワイルドな感じもたまりませんね。ちなみに女湯も海岸沿いにあり、海に面していて開放感があるようです。岩に囲まれるようにしているので、覗かれる心配はなさそうですが、あまりオープンにしていると丸見えになりそうな感じでした。とにかくのんびりとしたい方は、この露天は嬉しいことでしょう。新鮮な海の幸と、ワイルドな温泉に浸かって、ゆっくりとしたいものです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.