丸尾温泉・前田温泉カジロが湯(鹿児島県) 
まるおおんせん・まえだおんせんかじろがゆ

DATA
所在地鹿児島県霧島市牧園町高千穂
源泉名丸尾28号泉
入浴 2011年1月
泉質 単純硫黄温泉
泉温 源泉83.2度
PH 6.0
蒸発残留物0.3592g/kg
ラドン含有量2.8(百億分の一キューリー単位)
形態 公衆浴場 男女別
効能 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症など
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

鹿児島空港からクルマで40分ほど、街のいたるところから噴煙のあがる霧島温泉郷は、観光保養地として人気のある温泉地です。その中心的存在が丸尾温泉で、いくつもの大型ホテルが建ち並ぶリゾート感覚の温泉地です。霧島温泉街にはホテルや売店はあるものの、なかなか気軽に立ち寄れる温泉施設がなかったのですが、平成17年(2005)にオープンした温泉施設が「カジロが湯」です。
もともと隠れるように建つ素朴な温泉浴場だったのですが、今回リニューアルして一般観光客も利用しやすくなりました。わりと小ぢんまりとした施設ではあるものの、気軽に立ち寄ることができるので、霧島ではとても重宝できる温泉施設です。温泉地の中心地で、国道脇にあるのでとても目立つ存在になっています。木の香り漂うログハウス調の建物で、まだ真新しさが残る綺麗なところでした。
今回は正月休みの午前中に訪れてみたのですが、観光客が多い時期なので混雑するかと思いきや、ほとんど入浴客がいなくて穴場的な時間帯だったのかもしれません。駐車場にクルマを停めて、受付の自動券売機で入浴券を購入して利用します。脱衣場は広く、コイン返却式のロッカーが並んでいました。洗面台にはコイン式のドライヤーもあります。
さっそく浴場に向かうと、寒い時期だったこともあり、湯けむりがモウモウと立ち込めていて、一面真っ白です。また、硫黄泉の香りがプンプンと漂い、濃厚な温泉をアピールしているようでした。入口脇のところに掛け湯と水風呂があり、正面には大きな湯舟がありました。湯舟脇には大きなガラス窓があり、その先の露天風呂も見えます。また、小さなサウナも用意されていました。
洗い場は手前内壁側と、左奥の露天出入口脇にありました。ボディソープなと石鹸類は用意されていないので各自で持参するシステムです。湯舟は1つしかありませんが、とっても大きくてゆったりとしています。微妙に白濁した湯が大量に掛け流されていて、湯量の豊富さを物語っていました。露天風呂はコンクリートの湯舟に石を配した岩風呂調のものです。
露天は清々しさがあって気持ちいいのですが、残念ながら高い壁がグルッと囲んでいて、開放感の欠ける露天です。眺望はまったく期待できず、空だけがポカンと開いています。天気が良かったので青空を眺めながらの入浴となりましたが、できれば山の景色も見てみたいものですね。ちなみに、駐車場前には有料の足湯施設があります。小さな足湯ですが、さくっと足をつけながら旅の1コマとして利用してもいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.