姫城温泉・家族湯すえひろ(鹿児島県) 
ひめぎおんせん・かぞくゆすえひろ

DATA
所在地鹿児島県霧島市隼人町姫城
源泉名姫城84号
入浴 2011年1月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩温泉
泉温 源泉51.5度
PH 8.4
蒸発残留物0.9628g/kg
形態 家族風呂 混浴
効能 きりきず、やけど、慢性皮膚病など
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆☆

鹿児島湾の奥、隼人の日当山温泉周辺は、家族湯や素朴な公衆浴場がたくさんひしめきあう温泉天国になっています。「家族湯すえひろ」も貸切制の家族湯だけの施設です。通り沿いにアーチがあるので、とてもわかりやすい場所にあります。駐車場があって、そこに扉の並んだ建物が囲うようにしてあります。受付は一番奥の角にありました。
家族湯というとけっこう高価で贅沢な気がしますが、なんといってもここら辺の家族湯は素朴ながらも安価に楽しむことができるのです。そんなわけで料金を払って指定された番号の部屋に入ります。扉を入ると小さな脱衣部屋があります。コイン式のクーラーがあるので、夏場なら先にコインを入れておくと湯上りが涼しくていいでしょう。
こういった小さな部屋だと温泉であたたまった体と湯気の熱気で、夏場は蒸し地獄のようになりますからね。でも今回は冬場だったので暑くはありませんでしたが、逆に寒くてしかたがありません。無機質なタイプの浴室ということもあり、とても底冷えするような冷たさです。こういう場合はすぐに温泉であたたまるのがいいでしょう。さっそく暖を取ろうと湯舟に直行です。
浴場は小ぢんまりとした小さなところです。家庭用の湯舟よりは微妙に大きな湯舟があります。他の地域のゆったりとした家族風呂を想像してはいけません。ここは安い料金で利用できる反面、コストはかなり抑えています。そんなわけで浴室にはシャワーやカランの他、桶と座椅子くらいしかありません。石鹸類は各自で持ち込みましょう。また、浴後にはドライヤーもないので、冬場など湯冷めしないように気をつけましょう。
浴室はとても小ぢんまりとしていますが、湯舟からジャンジャンと贅沢にも温泉が溢れ出しています。湯水のカランがあり、トボトボと注がれているのでした。これはかなりの贅沢ですね。この素朴感こそが温泉では大事です。湯は無色透明でサラッとしています。湯舟に浸かると豪快に湯が溢れ出し、とても贅沢な気分にさせてくれます。
しかも、湯舟に浸かるとツルツルっとした浴感が体中を包み込みます。なんとも感触のいい湯です。これは最高の気分です。1時間の時間制ですが、じっくりと長湯してしまいたくなる湯です。とても寒い日だったのですが、さきほどまで凍えていた体もすっかりポカポカです。温泉の効果ってすごいものですね。質素で小ぢんまりとした浴場でずか、とても優雅に過ごすことができました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.