堀切温泉(宮崎県) 
ほりきりおんせん

DATA
所在地宮崎県都城市丸谷町
入浴 2010年12月
泉質 低張性中性冷鉱泉
泉温 源泉19.3度
PH 6.2
蒸発残留物0.125g/kg
ラドン含有量1.5x10-10Ci/kg(5.6Bq/kg)
形態 公衆浴場 男女別
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆
気軽度
地元度☆☆☆☆
穴場度☆☆☆☆
鄙び度☆☆☆
秘湯度☆☆☆☆☆
異色度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆☆

宮崎県都城市の郊外、志和池地区の森の中にある温泉施設が堀切温泉です。ここは隠れるようにして建っていて、まさに秘湯と呼ぶのにふさわしいようなところです。手持ちの地図に普通に載っていたので、まさかそんなに怪しい場所とは知らず訪れてみました。まずはGPSを頼りに向かいますが、何だかすごい路地を入っていきます。途中に温泉の看板らしきものも見当たらず、本当にこんなところにあるのだろうかと不安になりました。
やがて目的地に近づいてみると、森の中に小さな民家があるだけで、温泉らしさはまるでありません。ちょっと驚きながらも見渡すと「堀切温泉」としっかりと書かれています。恐る恐る民家に近づくと、料金表が書かれていたので間違いなさそうです。奥から人が出てきたので料金を払って先に進みます。先に進むというのは、温泉はまたさらに奥に向かったところにあるのです。
建て直されてそんなに古くはないものなのか、わりと綺麗な公民館のような素朴な建物がポツンと建っています。中に入るとコタツやソファ、マッサージチェアなどが並んだロビーがありました。そして手前側と奥に浴場の入口があります。壁には大きな模造紙に、この温泉の歴史について書かれたものが貼ってありました。近くの小学生が研究発表したものらしいです。拙い文章ながらも微笑ましいコメントが書かれていました。
脱衣所に入るといくつかカゴが並んでいます。小ぢんまりとして狭いのですが、そんなに混雑することもないのでしょう。このときも昼過ぎでしたが、ちょうど先客が出るところで貸切状態になっていました。浴場は大人が3名も入ればいっぱいの小さな湯舟がひとつあるだけです。雑多に風呂道具が散らかった洗い場があり、ピンクのタイルの浴槽があるだけで、何ともローカルな雰囲気がたまりません。
壁には「♪いい湯だな♪」「♪みんなのお風呂♪」と書かれた妙な歌詞の唄が書かれていました。まったく知らない歌詞だし、変な歌詞なのですが、何の唄なのでしょう?また、曲はあるのでしょうか?とても不思議な世界が広がっています。さっそく体を流して湯舟に浸かりますが、沸かし湯のようで、特に湯舟から湯は溢れ出ません。
脇にあるバルブをひねると、グゥオオオ、ゴボッ、コボッという豪快な音とともに熱い湯が注がれ始めました。ここで熱い湯を投入して温度を調整できるわけですね。かなりの熱湯なので注意しながら注ぎましょう。それにしてもなんて長閑な雰囲気なのでしょう。時間の流れがここだけ遅いような錯覚さえもあります。すっかりあたたまったところで、ここを後にしましたが、この何ともいえない雰囲気がとても気に入りました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.