宮崎リゾート温泉・百百の湯(宮崎県) 
みやざきりぞーとおんせん・もものゆ

DATA
所在地宮崎県宮崎市松山
源泉名大淀河畔温泉
入浴 2010年12月
泉質 ナトリウム−塩化物温泉
形態 公衆浴場 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
地元度☆☆☆☆☆
穴場度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

宮崎市の中心地、大淀川沿いにある「たまゆらの湯」は、宮崎リゾート温泉として開発された比較的新しい温泉です。河畔にあるいくつかの旅館やホテルに配湯されていますが、日帰り入浴施設というのはなかなかありません。ところが意外なところに穴場的に存在する入浴スポットが「百百の湯」です。どうして穴場的な存在なのかというと、シニア向け賃貸マンションの中にある浴場だからです。
マンションの居住者は無料でいつでも利用できるようですが、一般の方も銭湯のように利用するとこも可能なのです。さっそく訪れてみましたが、これがまた非常に解りづらいところにあります。場所的には河畔の線路脇にある病院の裏手にあたります。一方通行の路地へと入ったところにあるので、GPSか土地勘がないと探し当てるのも大変なことでしょう。
また、とてもさりげなくあるので、本当に入浴が可能なのかどうか、近くまでいってみないと判断しづらい感じでした。館内に入ると受付があり、そのすぐ正面に男女それぞれの浴場入口があります。さすがにシニア向けとあって、段差のないバリアフリー設計となっています。脱衣所は棚が並び、洗面台もゆったりとしています。非常に小ぢんまりとしていますが、とても清潔的な印象です。
そしてガラス戸の先が浴場になりますが、タイル張りのオーソドックスな印象ながらも、湯舟は広くて、またその奥がガラス張りになっていて露天風呂が見えました。街中という立地柄、塀が高く外の景色は見えませんが、採光豊かで明るそうな印象です。このときは夜間だったこともあり、明るくはありませんでしたが、優雅な印象を受けました。洗い場は手前側両サイドにあり、ボディソープとリンスインシャンプーが用意されています。
湯舟はゆったりとしたもので、循環利用だそうですが、天然温泉が利用されています。さっそく浸かってみると、ちょいとぬる目でしたが、ツルツルとした浴感がとても気持ちいい湯です。露天風呂も内湯と同じくらいの広さがあります。小さな浴場ながらも贅沢な雰囲気がいいですね。気軽に立ち寄れる施設なので、是非とも宮崎旅行のプランに詰め込んでみてはいかがでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.