正徳寺温泉・初花(山梨県) 
しょうとくじおんせん・はつはな

DATA
所在地山梨県山梨市正徳寺
入浴 2010年11月
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温 源泉33.9度
湧出量毎分247リットル
PH 9.4
蒸発残留物200mg/kg
形態 日帰り温泉 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

正徳寺温泉「初花」は、住宅と果樹園の入り混じる一帯、ちょっと不思議なロケーションに建つ日帰り温泉施設です。幹線道路からは外れているので、GPSなどのナビを利用した方が無難でしょう。おおよその目処をつけて訪れてきましたが、本当に細い路地へと誘導されるので、ちょっと焦りました。辿り着いてみると、これがまた意外なほど立派な施設で、駐車場も大きいです。平日に訪れたのですが、それでも沢山の人で賑わっていました。
さっそく館内に入ると、入浴受付のフロントがありました。ここで下足箱の鍵と引き換えに脱衣所のロッカーキーを渡されるシステムでした。館内は純和風の落ち着いた雰囲気で、フロントの正面は食事処、フロントの奥が浴場入口となっていました。浴場に向かうにはグルッと長い廊下を突き進みます。男湯の露天をグルッと囲っている感じです。浴場入口前には源泉がチョロチョロと流されていて、飲泉できるようになっていました。
生暖かい湯で、味覚はあまり感じませんが、少し癖のあるミネラルウォーターといった感じです。脱衣所はスチールロッカーが並びますが、わりと狭いです。混雑していると少し大変かもしれません。浴場に入ると、大きなガラス窓に囲まれた内湯が広がり、ガラス窓の奥には露天風呂が見えました。内湯には壁際に洗い場が並び、湯舟が2つ。その間に掛け湯がありますが、1人分の浴槽のような感じです。
「入らないでください」と書かれていますが、入りたくなる気持ちもわかります。湯舟は大きい方が源泉掛け流しのぬるい湯で、窓際のが加熱されたジェットバスでした。壁には大きくこの温泉に関する学術的な見解が書かれていました。内容がむずかしすぎてよくわかりませんが、とにかく素晴らしい湯だということです。さっそく入りますが、ぬるい方は本当にぬるいです。温度は36度書かれています。
注がれる湯は飲泉もできるようで、コップも用意されています。ジャンジャン注がれる湯は、そのまま大量に溢れ出ていて掛け流されていました。とても贅沢な温泉のようです。湯はとても透明感のある湯ですが、微妙に黄色い湯となっています。とてもツルツルするアルカリ性の湯で、しかも肌に滲みこむようなキメ細かな湯という印象です。非常に優雅な施設ながらも、温泉に対するこだわりが感じられる浴場でした。
続いて露天に出てみますが、こちらは広々としていて開放的な岩風呂です。奥には薬石を利用したサウナや、露天風呂の湯舟と繋がった蒸し風呂もあります。蒸し風呂は小さな小屋なのですが、中に入ると湧き出る温泉の熱がこもってとても温かいです。また、桧のいい香りが充満していて、とてもリフレッシュした気分になれました。全体的にどの湯舟もぬる目なので、いつまでもじっくりと浸かっていたくなります。
ついつい長湯していたいところですが、人気の温泉施設とあって時間制限があるようです。三時間という制限なので、十分にゆっくりと過ごせますが、時間制限を設けなければならないほど人気というのは、この湯に入れば納得できます。周囲は壁に囲まれているので、景色を楽しむ感じではありませんが、うまく演出されていて雰囲気も悪くありません。じっくりのんびり過ごせるいい温泉施設でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.