みずほ温泉・埼玉スポーツセンター天然温泉(埼玉県) 
みずほおんせん・さいたますぽーつせんたーてんねんおんせん

DATA
所在地埼玉県所沢市南永井
入浴 2010年10月
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)
泉温 源泉31.6度
湧出量毎分300リットル
掘削深度1,200メートル
PH 8.7
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

埼玉スポーツセンターは所沢市にある総合アミューズメントセンターです。ボウリング場やゴルフ練習場、フットサルコート、卓球、バッティングセンターなど、体を動かす娯楽施設が集まるレジャースポットになっています。汗を流した後にじっくりと体を休める、そんな温泉施設が敷地内にある日帰り温泉施設の「埼玉スポーツセンター天然温泉」です。以前は「彩ゆ記」という名称だったと思うのですが、訪れたときにはその名称を使っていないようでした。
板を縦に組んだ壁が特徴的な、和風でありながらも近代的な造りの温泉施設で、とても粋な雰囲気があります。館内に入ると受付がありますが、シューズロッカーの鍵と引き換えにバーコード付きのリストバンドを渡されます。脱衣所のロッカーはコイン返却式になっていて、このリストバンドとは連携していません。飲食など館内の精算用に使われるようです。館内も少し照明を落としたアダルティな雰囲気で、大人の隠れ家をイメージさせるような落ち着いた雰囲気です。
豊富なメニューを取り揃えた食事処があり、ゆるいスロープになった廊下を抜けていくと男女別に浴場入口がありました。脱衣所から浴室に向かうと、掛かり湯のところで露天と内湯にわかれます。内湯は沢山の洗い場がエリアの先に大きめの湯舟があり、その一部が浅くなったバブルバスになっていました。内湯はとてもシンプルですが、露天風呂を取り囲むように廊下があり、その廊下の奥にサウナと水風呂がありました。サウナは広い高温サウナの他にミストサウナもあります。
内湯の施設はわりとシンプルですが、中庭に造られた露天風呂はとてもバラエティに富んでいます。まずは岩風呂がありますが、浅い部分と深い部分とあり、わりと熱い湯となっていました。そして露天の中央部には木枠の湯舟があり、こちらはかなりぬる目の湯となっています。このぬるい湯のすぐ上には源泉掛け流し風呂の岩風呂があり、そのオーバーフローも下の湯舟に流れ込んでいるようです。とても立体的な露天となっていました。
さらに露天の隅の方には小さな四角い湯舟があり、1人で入る湯となっていたり、寝湯があったりと、それぞれ個性的な湯舟が並んでいました。そしてその湯舟それぞれには説明と名称が書かれているのですが、名称は漢字一文字となっていて、小さな1人用の湯舟は「独」、源泉湯舟は「極」、寝湯は「夢」など、こちらも粋なネーミングとなっています。中庭にあるので景色は楽しめませんが、凝ったデザインになっていて雰囲気はとてもいいです。そしていいのは雰囲気だけではありません。
肝心の泉質もなかなかの個性派です。山吹色に近いクリアな黄色い湯なのですが、湯舟に浸かった瞬間に肌がヌルッとするのです。湯はサラッとしているのですが、洗剤が肌に付いたのかと思うようなスベスベとした浴感が体中を包み込むのです。本当に皮膚が溶けてしまっているような感覚で、しかも浴後にはツルッツルッした肌が楽しめ、女性に限らずこれはたまらない心地よさです。また、長く浸かっていると小さな気泡が全身を覆います。掛け流しとは書かれていますが、どの湯舟も加熱はされているようです。
加熱の際の影響なのか、温泉の成分による気泡なのかはわかりませんが、この気泡もとても心地よく感じました。それから「蘇」という名の円形湯舟がありますが、こちらは無色透明の湯で天然温泉ではないようです。説明を読むと地下水のようですが、肌を蘇生する効果のある還元水とのことでした。これもまた面白い湯ですね。それにしても雰囲気もよく、またのんびりと寛げる雰囲気だったこともあり、ついつい長湯をしてしまいました。そんなに大きな施設ではないので、ゆっくりと過ごすなら平日に訪れるのをおススメします。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.