やまと温泉・わらびやまとの湯(埼玉県) 
やまとおんせん・わらびやまとのゆ

DATA
所在地埼玉県蕨市錦町
入浴 2010年9月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩温泉
泉温 源泉28.3度
成分総計2.846g/kg
形態 スーパー銭湯 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

埼玉県蕨市の市街地にある「わらびやまとの湯」は大手銭湯チェーンの日帰り温泉施設です。街中にあるスーパー銭湯ですが、天然温泉を利用した温泉施設として人気があります。蕨市はけっこうごちゃごちゃとした印象のある街ですが、ここは広々とした駐車場に大きな建物があって、郊外型の施設となっていました。さっそく館内に入ると、コイン式のシューズロッカーがあります。
受付ではシューズロッカーの鍵と入浴券を引き換えに、脱衣所のロッカーキーを渡されるシステムとなっていました。館内は1階部分が食事処兼休憩所となっています。メニューがけっこう豊富で、平日はお得なランチセットもあるなど、とても魅力的な印象を受けます。また、入口脇には足つぼなどのリラクゼーションサロンやヘアカットサロンがありました。
浴場は2階にあり、受付脇の階段を登っていくと、男女別の浴場入口がありました。脱衣所はスチールロッカーがズラッと並びます。洗面台は一番奥にありました。浴場に入ると正面に掛かり湯があり、右手にサウナと水風呂、そして奥に洗い場、左側にはバイブラバスやジェットバスなどの並んだ、各種効果浴があり、窓際には漢方薬系の薬湯が張られた日替わりの湯という湯舟がありました。
また、浴室の中央には湯腰掛という、ベンチ型の座浴もあります。そこそこの広さの中規模程度の浴室で、スーパー銭湯としては標準的な内容でしょうか。体を流してさっそく湯巡りを始めますが、バイブラ等の湯舟はどれも無色透明の癖のない湯で、温泉という感じではありません。また、薬湯は山吹色をした湯が入っていて、漢方薬のような刺激臭がありますが、やはり天然温泉ではないようです。
温泉は露天風呂にだけ使用されているようです。露天に向かうと、その出入口の脇にはモイスチャーサウナがあります。こちらは低温の蒸気湯で、じっくりと汗を流すことができそうです。露天風呂は高い壁に囲まれ、開放感の少ない空間ですが、岩風呂の湯舟と、その奥には屋根付きの寝湯、足湯、休憩所がありました。岩風呂はそんなに大きくはありませんが、7〜8名ほどはゆったりと入れそうです。
そして気になる湯ですが、おやっ?と思うほど真っ黒な湯に驚きます。コーヒーのような褐色系の黒い湯で、透明度は3センチほどでしょうか。アメリカンコーヒーのような色合いです。また、浸かるとツルッとした浴感があります。わりとしっとりとした湯で、牧草のような軽いモール臭を感じます。濃厚な湯にどっぷりと浸かりながら、じっくりと黒湯を楽しめます。
奥にある寝湯は3名分、そして休憩所のところには足湯と書かれた場所があります。足湯というより単なる溝のようにも見えますが、確かに足湯としても利用できそうです。こちらも真っ黒い湯になっているので、しっかりと天然温泉を楽しむことができます。天然温泉は露天だけのようですが、インパクトの強い湯であり、また全体的にも施設が充実しているので、ぷらっと立ち寄ってリフレッシュするにはちょうどいい施設だと感じました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.