あやべ温泉・仁王の湯(京都府) 
あやべおんせん・におうのゆ

DATA
所在地京都府綾部市睦寄町在ノ向
入浴 2008年8月
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)
泉温 源泉18.6度
形態 宿泊可能な温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
異色度
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆

綾部の市街地からクルマで40〜50分ほど、君尾山の中腹には光明寺という歴史ある古刹があります。聖徳太子が創建したという名刹で、国宝になっている仁王門が有名です。その光明寺の少し下にある温泉施設が「あやべ温泉」で、山の谷間の奥にある温泉施設です。自然豊かな山の中にある施設ですが、わりと大きな施設となっていて、パターゴルフ場を見下ろす丘の上に建っています。
日帰り温泉施設として開業しましたが、今では宿泊施設も用意され、休日ともなると沢山の人で賑わう人気の温泉スポットになっているようです。綾部周辺は他に温泉施設がなく、近隣の方々にとっても非常に貴重な施設となっているようです。もっと寂しいところかと想像していたのですが、駐車場は広くて沢山入るし、建物も大きくて立派なものでした。館内に入ると自動券売機と受付、そしてロビーがありました。
まだ新しさの残る雰囲気で、郊外にあるような日帰り温泉施設といった感じです。脱衣所では、受付時に渡されたロッカーキーを使用します。木造のロッカーが並び、それなりに広さもあって綺麗です。全体的に木目の鮮やかさが印象的です。洗面台も広くて使い勝手も良さそうです。浴場に入るとこちらも広々としていて、右側には大小の湯舟が並び、左側には洗い場が沢山ありました。
洗い場はそれぞれひとつずつブースになっていて、ボディソープやリンスインシャンプーも用意されています。手前の湯舟は小さくて水風呂となっています。水風呂の脇にはミストサウナもありました。湯舟は天然温泉が注がれていて、薄く黄色っぽく濁りがありますがそれほど濁りは濃くありません。壁には温泉に関する説明が書かれていました。
非常にツルツルとした浴感が特徴的で、それでいてさっぱりとした清涼感があります。こういう施設なので仕方がありませんが、消毒臭が少し強い気がします。内湯の裏側にはガラスで仕切られた湯舟があり、薬草風呂となっていました。薬草風呂は布袋に生薬の入った本格的な薬湯となっていて、古くなった五円玉のような黄銅色をした湯でした。露天風呂はガラス窓の奥側にあります。
ガラス窓というよりも、内湯と露天との間の壁そのものが全面ガラス張りなので、内湯と露天風呂は一体化しているかのように感じます。露天風呂はテラスのようになったエリアに幅いっぱいの大きな湯舟で、右側半分は浅くなって寝湯となっていました。無色透明の湯で、こちらは天然温泉ではないようです。丘の上に建物が建つということで、こちらは真下に広がるパターゴルフ場が一望できます。
また、両側にそびえる谷間の山々を眺めることもでき、非常に優雅な気分になります。とても人気のある温泉施設なので、それなりに入浴客が多かったのですが、非常にいい気分で利用することができました。浴後は休憩室が隣にあるのですが、リクライニングシートが沢山並び、他にマッサージチェアもいくつもあるので、のんびりと過ごすことができそうです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.