美山温泉・美山療養温泉館(和歌山県) 
みやまおんせん・みやまりょうようおんせんかん

DATA
所在地和歌山県日高郡日高川町初湯川
入浴 2007年8月
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
形態 宿泊棟付設の公衆浴場 男女別
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
秘湯度☆☆☆☆
素朴度☆☆☆☆
湯治度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

美山療養温泉館は、日高郡日高川町、日高川の支流である猪谷川の上流2キロほどの山の中にあります。国道からもわりと近いのですが、国道から脇道に入り細い山道を進んでいったところにあります。さすがは「森林の国」和歌山県だけあって、緑豊かな風景の続く、大自然の中という感じがでています。美山温泉というと、みやまの里森林公園の脇の旅館「愛徳荘」が人気ですが、その近くにあるわけでなく少し離れているので、訪れる際には注意しましょう。
私も付近をグルグルと探し回ってしまいましたが、ぜんぜん見当外れでした。ちなみに源泉は同じものを使用していて、こちらの方が源泉元湯なのだそうです。「療養館」という名前だけあってとても地味な雰囲気の建物で、公民館のような佇まいがとてもローカルな雰囲気を出していました。ちなみに目の前は川底を整備した川遊び場となっているので、夏のシーズンともなると沢山のレジャー客で賑わうようです。
このときもサマーシーズン真っ盛りだったので、河原はごったがえすように賑わっていました。しかし、その他のシーズンは比較的静かなところではないでしょうか。館内に入ると天井の高いロビーと受付があり、案内は木目の鮮やかな板張りで、暖かみがある雰囲気です。右奥に浴場があり、手前が男湯で奥が女湯になっていました。この施設は宿泊もできるようですが、レストラン等はないので自炊になるようです。
療養を目的に滞在してみるのもいいでしょう。脱衣所には棚にカゴが並ぶだけで非常に質素なスタイルです。貴重品は受付脇の返却式コインロッカーを使用できます。浴室は小ぢんまりとした内湯のみで、露天風呂などはありませんでした。洗い場が四つ並び、窓側には湯舟があります。とても狭い浴室なので、少し混雑するとすぐに芋洗い状態になるでしょう。窓の外には河原があり、川遊びをしている人たちがよく見えました。
内湯からよく見えるということは、男湯は外からも丸見え状態なのでしょうかね?とても大らかなところですね。湯は渓流を模したような湯の注ぎ口があり、無色透明の湯が注ぎこまれていました。湯は無色透明ですが、肌に触れた瞬間にヌルッとするほどツルツル感のある湯です。まるでスキンローションのような肌触りで、女性でなくともうっとりしてしまうことでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.