山田温泉・山田町温泉交流センター(宮崎県) 
やまだおんせん・やまだちょうおんせんこうりゅうせんたー

DATA
所在地宮崎県都城市山田町中霧島
入浴 2006年1月
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩温泉
泉温 源泉43.1度
湧出量毎分430リットル
掘削深度1,700メートル
PH 7.6
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 (浴用)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など
(飲用)慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病など
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

山田町温泉交流センターは、都城市の旧山田町にある日帰り温泉施設です。街外れの山間にあるとてものんびりとしたムードの場所にあります。広い駐車場とライムグリーンの屋根の建物があり、駐車場の隅には温泉スタンドもありました。玄関を入ると下駄箱と自動券売機があります。受付では「町内」「町外」と書かれた箱があり、入浴券をそれぞれ該当する方に入れるシステムです。
受付前にはベンチとテレビが用意されていて、少しぐらいなら休憩もできますが、あまりゆっくりとする雰囲気でもないようです。それから、ロビー前には飲泉場もありました。廊下の手前側には女湯の暖簾が、奥には男湯の暖簾が揺れています。脱衣所は木の棚と籠が用意されていて、貴重品用にコインロッカーも用意されていました。浴場は内湯のみのシンプルな構造です。
ゆったりとスペースのとられた洗い場と外壁側に大きめの湯舟がありました。浴室に入ってまず最初に感じたのが、その床の心地よさです。薄茶色の砂岩でしょうか。キメ細かい肌触りが柔らかく感じて、歩き心地がとてもいいです。それから太い丸太を利用した柱と梁の天井も見応えがあります。洗い場には石鹸やシャンプーなどは用意されていません。
街の銭湯といった感じに、各自で持参するのが原則のようです。湯舟は中央手前側に湯口があり、左側が気泡浴風呂、そして右側が電気風呂になっていました。小ぢんまりとしてシンプルな施設のわりには、湯舟の設備は充実しています。湯はほとんど無色透明ですが、肌がツルツルとする美人湯です。
けっこうツルツル感が強くて、肌が溶けてしまうような、そんな心地よそがたまりません。湯口からは源泉がそのまま掛け流されているようで、コップも用意され、飲泉できると書いてありました。さっそく飲んでみるとほとんど無臭で味覚もあまり感じないのですが、微かに舌の先に刺激があります。刺激というか薄い塩味といった感じですかね。
浴室の奥には水風呂とテレビ付きの高温サウナがありました。水風呂は少しぬる目なようです。サウナは入口に用意されているサウナマットを各自持って入ります。わりと広々としていて、じっくりと汗を流すことができます。入浴は1回入浴と1日入浴とがあり、1日入浴は別にある休憩所も利用できるそうです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.