星塚温泉・星塚温泉ヘルスセンター「おきな湯」(鹿児島県) 
ほしづかおんせん・ほしづかおんせんへるすせんたー「おきなゆ」

DATA
所在地鹿児島県霧島市横川町
入浴 2006年1月
泉質 単純温泉(低張性、弱アルカリ性、高温泉)
泉温 源泉46.1度
湧出量毎分200リットル
PH 7.7
蒸発残留物0.4412g/kg
ラドン含有量1.83(百億分の一キュリー単位)
形態 公衆浴場 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など
露天風呂あり
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

JR肥薩線霧島西口駅のほど近く、集落の中にある日帰り温泉施設が星塚温泉ヘルスセンターです。素朴で小さな集落の一角にあり、長閑で静かな場所ながらも大きく綺麗で立派な施設であったのでちょっとびっくりしました。大都市の郊外にあるのならまだしも、こんな立派な施設で採算は取れているのかと余計な心配をしてしまいそうですが、意外にも?!沢山の入浴客で賑わっていて、かなり繁盛しているようです。
けっこう人気の温泉施設のようです。駅側の外壁には大きく「ゆ」の文字が掲げられていて、けっこう目立った存在となっています。駐車場や通りに面したところから、屋根つきの回廊を通って入口へと向かいます。館内に入ると右手に広い畳の休憩エリアがあり、左手に浴場受付と入口がありました。浴場へと入ると左手にサウナ、正面に水風呂、右手に洗い場、そして回り込むように奥には湯舟が広がります。
設備も充実していて、清潔的でとても立派な施設ですが、外観から想像したよりも小ぢんまりとした浴室で、近代的でオーソドックスなタイプの浴室でした。洗い場にはボディソープや固形石鹸などは用意されていません。また洗面器の数もカランの数に比べて極端に少ないようでした。座椅子は十分に間に合っているようですが、基本的にはすべて持ち込みが原則なのでしょうかね。
湯舟は2段になっていて上段は岩風呂になっています。岩風呂から下の湯舟へは川の堰のように豪快に流れ注がれています。下段の湯舟は端に2つのリラックスバスがあります。パイプのイスが2基沈められていて、その下から気泡が出ていて足先から腰までを気持ちよくマッサージしてくれます。上半身は出ているので半身浴にもなっているので、体に負担をかけずに楽にリラックスできます。
湯はほとんど無色透明で、少々ツルツル感のある湯でした。比較的おとなしいタイプの湯ですね。サウナはそれなりに広めでテレビ付きです。水風呂も大きめでした。外には露天風呂がありますが、これがまた小ぢんまりとした岩風呂で、小さな庭を眺めながら入ります。もうちょっと露天風呂が広くてもいいような気がしますが、とてもリーズナブルな料金を考慮すると、なかなか頑張っているなぁといった感じです。
ちなみに、浴室は洋風と和風の2種類があり、定期的に男女が交替しているようです。洋風はタイル張りの浴室だということなので、こちらは和風ですね。小ぢんまりとした施設ですが、料金設定や設備の充実度を見ると、なるほど人気があるのが納得できました。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.