万博温泉・源気温泉万博おゆば(大阪府) 
ばんぱくおんせん・げんきおんせんばんぱくおゆば

DATA
所在地大阪府吹田市千里万博公園
入浴 2005年1月
泉質 ナトリウム−塩化物泉
泉温 源泉27.2度
湧出量毎分153リットル
PH 6.7
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆☆
異色度☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

「こんにちは〜、こんにちは〜、世界の国から〜」で始まった大阪万国博覧会は昭和45年(1970)に開催され、現在その跡地は万博公園として憩いの場となっています。当時のシンボルだった「太陽の塔」は今でもそびえたち、中国道を通る人々に元気な姿を見せています。その万博公園の中にある日帰り温泉施設が「万博おゆば」で、平成15年(2003)にオープンしたというとても新しい温泉施設です。
広い駐車場の奥に建つ和風の建物ですが、古臭さはなく近代的でモダンな造りになっていました。黒い壁と木目のある板とのコントラストが、どこぞの焼肉屋さんのような印象を受けました。まだ新しい施設ということもあってどこもピカピカでした。館内ではまず履物を脱ぎコイン返却式ロッカーに入れます。受付を済ませ脱衣所に入ると鍵付きのロッカー(コイン返却式)が並んでいますが、いたってシンプルな雰囲気です。
わりと小ぢんまりとしたところかと思いきや、浴場はけっこう広めでゆったりしています。入口脇の掛け湯は大きな壺になっていて、粋な雰囲気もあります。洗い場はボディソープ、リンスインシャンプーが完備されていました。湯舟はいまどきのスーパー銭湯のごとく、沢山の種類がありす。ジェット噴流やバブルバスを駆使した今時の設備ですが、それぞれネーミングが変わっています。
腰掛湯の「いっぷくの湯」、ジェット浴槽の「怒涛の湯」、サウナの「横綱サウナ」、他に「なみなみの湯」「祭りの湯」「ほぐしの湯」「冷やし風呂」など、なるほどと思わせる面白いネーミングにされていました。祭りの湯は季節ごとの変わり湯だそうで今回はミルク風呂ということで白濁していました。サウナは「横綱」と謳っているだけあって、とても大きくて広いものです。
室内は段々になっていて正面にはテレビがありました。内湯はどの湯舟もことごとく無色透明の湯で、天然温泉ではなさそうです。露天風呂は石を敷き詰めた、ゴツゴツした質感の池のような湯舟です。「大露天七変化の湯」という名前が付けられていましたが、一見したところどう七変化なのかわかりません。浅い所、深い所、寝湯など深さにバリエーションがあることが七変化なのでしょうか?
仮にそうだとしても深さのバリエーションは5種類程度だったのでまだ2つ足りませんね。露天の中央には石が積まれた中島があり、そこに湯口がありました。天然温泉100パーセント使用しているとのことで、露天の湯は少々赤茶色に濁っていました。舐めてみるとけっこうしっかりとした塩味と少々苦味があります。どうやら化石海水が起因の温泉のようです。そしてここで目を見張るのが湯口のまわりの石です。
鍾乳洞の岩みたいにすっかりと堆積物でコーティングされているのです。けっこう成分も濃いようですね。また、露天には板間のデッキがあって涼むこともできました。設備もいろいろあるし、雰囲気も良くてなかなかいい印象を受けました。浴後は軽食コーナーや奥のレストランで食事もとれるし、館内には理容室やマッサージルームもあるので、ホッと一息つきに来るにはいいところです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.