黒川温泉(兵庫県) 
くろかわおんせん

DATA
所在地兵庫県朝来市生野町黒川
入浴 2004年11月
泉質 アルカリ性単純温泉
形態 日帰り温泉施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復、健康増進など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆
秘湯度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

兵庫県生野町にある黒川温泉は、美人湯で知られる秘湯ムード満点の温泉施設です。黒川温泉というと熊本県に有名な温泉地がありますが、こちらはひっそりとした山の中にポツンとあります。国道429号から黒川ダム方面に向かいダムの手前にある温泉施設ですが、この途中の国道は本当に山道なので注意が必要です。生野の市街地からのルートはそれほど険しくはないですが、加美方面からのルートはとても国道とは思えないほど険しい道のりです。
ダムの手前までやってくると突然視界が開けて、景色が一変して温泉施設が見えてきます。ログハウス調の小さな温泉施設ですが、予想に反して小ぎれいな建物でけっこう入浴客も多く賑わっていました。館内に入るとロビーと売店があり、その売店のレジで入浴料を払って浴室へと向かいます。脱衣所は簡易的な木造ロッカーと洗面台があるだけのとても質素で小ぢんまりとした印象です。
ロッカーは一応鍵はかかりますが、貴重品は浴場入口前にコインロッカーが用意されています。浴室は内湯と露天風呂がありました。内湯は右手側に洗い場があり、左手側に湯舟がありました。洗い場にはボディソープとリンスインシャンプーが用意してありました。湯舟は縁の部分が木造になっていて、大人が7〜8名ほど入れる大きさがありました。
湯は無色透明で少々ツルツル感のある湯です。湯口には木の箱が被せてありましたが、中を覗くと細いパイプから冷たい水が注がれていました。湯舟の湯は温かいのでどうやら循環しながら沸かしているようです。注がれる水を口に含んでみたが、特に臭いや味は感じませんでした。湯舟の脇には熱めの湯の噴出し口がありましたが、ジェット噴流というほど勢いはないものの、シューッと噴き出していました
。露天風呂はごつい杉丸太が印象的な湯舟で、6〜7名ほど入れる大きさです。足場にも木の板が使われていて自然味があってなかなかいい感じです。露天にも2つほど洗い場がありました。露天には屋根はありませんが、壁が少し高めなので眺めはあまり良くありません。かろうじてダムの上部だけが見えました。人里離れた静かな場所だけにちょっともったいない気がします。
浴後は広い休憩室でのんびり寛ぐことができます。施設は全体的に小ぢんまりとしているのに休憩室だけはやたらと広いような気がします。浴後にのんびりと過ごす人が多いのかもしれませんね。山奥の静かな場所だけに、自然を謳歌しながらのんびりと過ごしましょう。(追記)平成17年(2005)に改装されて、もう少し大きな施設に生まれ変わったそうです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.