マキノ白谷温泉・八王子荘(滋賀県) 
まきのしらたにおんせん・はちおうじそう

DATA
所在地滋賀県高島市マキノ町白谷
入浴 2013年3月
泉質 単純弱放射能冷鉱泉
泉温 源泉21.4度
成分総計479.1mg/kg
ラドン含有量44.66x10-10キュリーラドン/kg(12.28マッヘ/kg)
形態 温泉旅館 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆
優雅度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

マキノ白谷温泉八王子荘は、琵琶湖の北部にある小さな温泉宿です。実は以前にも八王子荘は訪れたことがあるのですが、装いも新たにリニューアルしたとのことで、改めて訪れされていただきました。だいたいの場所はわかっているので、いざ八王子荘に向かってみると、あれ?建物がない!以前建物があった場所は空き地になっているのです。そして道路を挟んで反対側に和風モダンな建物がありました。
以前の建物はけっこう年季が入っていたので、それなりに手を加えるとは思っていましたが、まったく新しく生まれ変わったのですね。あまりの変わりように驚いてしまいました。けっこう小粋なスタイルの宿なので、入浴料金もお高くなってしまったのかと心配しましたが、とってもリーズナブルな料金で利用ができるようです。玄関前には信楽焼きのタヌキが出迎えてくれるのは愛嬌を感じます。
館内に入ると玄関では下足箱に100円使用するスタイルでした。下足箱のキーと脱衣所のロッカーキーを交換するシステムのようです。さっそく手続きをして浴場に向かいます。とても小ぢんまりとした宿ながらも、日帰り入浴を意識したつくりで、安心して利用ができるのはいいですね。ロビー脇には小さな休憩室がありましたが、和室のこれまた雰囲気のいいものです。本当に立派な施設になっていました。
脱衣所は縦長の木造ロッカーです。簡易的なつくりなので、貴重品は専用のロッカーを利用しましょう。浴室もやはり小ぢんまりとしています。出入口のところに掛かり湯、そして内側に洗い場、そして窓側に湯舟があります。湯舟は大小二つに区切られていて、小さい方は微温浴槽と書かれていました。無色透明の癖のない湯ですが、放射能泉ということで昔から効能高い湯として知られていた温泉なのだそうです。
小さな浴室なのですぐに定員オーバーになりかねませんが、もともとロッカーの数も多くないので、受付で管理されているから芋洗いになることはなさそうです。大きな窓ガラス越しには露天風呂も見えます。露天は屋根のついた石風呂で、湯の注ぎ口が木魚のような丸い形をしています。少し高い位置に湯舟が造られていて、目の前のちょっとした庭を眺めることができました。とはいうものの、周囲の景色は高い壁が邪魔をしてよく見えません。
この宿は道路よりも高い位置にあるので、もう40〜50センチほど壁が低くても何の問題もないように思いますがどうでしょう。特別な景色は見えなくても、やはり見晴らしが良いのと悪いのとでは雰囲気がだいぶ違いますよね。ということで、景色はあまりよくありませんが、浴場の雰囲気、宿の雰囲気はとってもいいです。まさに和みの宿という印象を受けました。ゆっくりと宿泊してみるのも、贅沢な気分を味わえるでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.