箕面温泉・スパガーデン(大阪府) 
みのおおんせん・すぱがーでん

DATA
所在地大阪府箕面市温泉町
源泉名(A)1号泉、(B)2号泉・3号泉、(C)4号泉・5号泉
入浴 2004年9月
泉質 (A)ラジウム泉、(B)含食塩重曹泉、(C)ホウ酸泉
泉温 (A)源泉33.7度、(B)源泉37.4度、(C)41.8度
湧出量(A)222.4トン/日、(B)554.9トン/日、(C)637.0トン/日
PH (A)7.6、(B)8.0、(C)7.9
ラドン含有量(A)9.412マッヘ、(B)8.052マッヘ、(C)4.545マッヘ
形態 スパリゾート 男女別
露天風呂なし(その後新設)
開放度☆☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

箕面駅の正面の山の中腹にある大きなアミューズメントパークが「スパガーデン」です。ボウリング場やプール、テニスコート、スケートコートなどのスポーツ施設が揃い、宴会場やレストラン、宿泊施設、温泉施設などが整備された総合レジャーランドです。山の中腹にあるのですが駅からは徒歩で5分ほど歩くと巨大な展望エレベータに辿り着くので、アクセスはとても便利です。
また建物の目の前には大駐車場もあるのマイカーでも行けるのですが、その場合はそこに辿り着くまでがけっこう大変です。案内の看板に従って激しく急な坂道を登っていくのですが、なんとそこは住宅街の路地なのです。非力なクルマでは厳しいくらいの急坂なのでとても大変ですが、この辺りに住む人たちも大変なのだなぁと感心してしまうほどです。
駐車場はとても広いのですが、人気の場所なのでけっこういっぱいだったりします。駐車料金も必要なので電車でのアクセスの方が無難かもしれません。チケット売り場のような受付で入浴券を購入して中へと入ります。浴場は地下1階にありました。脱衣所はとても広く、有料コインロッカーが沢山並んでいます。山の斜面にあるので窓の外は明るいのですが、木々が邪魔をして景色はほとんど見えませんでした。
脱衣所から浴室に入るとすぐ脇にボディーシャワーがありますが、あとは下に降りる長い階段があります。広い浴室を見下ろすようで、とても爽快な気分になります。巨大なビルのエントランスホールのような感じですね。でも老人や体の不自由な人には厳しいかもしれませんね。浴室内は中央にドーンと巨大な湯舟があり、階段の真下にも小さな湯舟があります。ここでは源泉は2種類あるそうで、小さな湯舟はラジウム泉になっていました。
階段を下りたところには飲泉場もあります。さっそく飲んでみると塩辛くない程度のしっかりとした塩味を感じるぬるま湯でした。浴室の奥には打たせ湯が3筋あります。その手前には大きな橋があって湯舟をまたいでいました。湯は壁に設置されたナイアガラの滝のごとく豪快に注がれていますが、循環されていることと塩素臭がちょっと強く感じます。こういった巨大な施設なので消毒は仕方のないことでしょう。
ところがお湯はかなり良質なようで、肌に触れるとすごくヌルヌルと感じる柔らかい湯なのです。無色透明で見た目は何でもないけれども、しっかりと温泉していて好印象です。しかし湯舟はとても広すぎます。プールのように巨大で天井も高く広々としているので、なんだか落ち着かない気分ですが、その反面に開放感はたっぷりです。ふと見上げると階上にも浴室らしき手すりが見えました。
どうも女湯らしいです。目隠しもあるのでここからは何も見えませんが、女湯からは覗き込めば男湯が見えるのでしょうかね。階段を上がったところにちょっとした露天の休憩所もあります。森の中のようでとても清々しく感じます。このときはありませんでしたが、その後に露天風呂もできたようなので、その清涼感を味わいつつ温泉も満喫できるのかもしれません。日帰りで思いっきり楽しめる場所なので、一度は訪れてみるものいいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.