富来温泉・富来町ふれあい温泉センター(石川県) 
とぎおんせん・とぎまちふれあいおんせんせんたー

DATA
所在地石川県羽咋郡富来町酒見河原
入浴 2004年5月
泉質 ナトリウム-塩化物泉
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
地元度☆☆☆
景色 
総合評価☆☆

富来町ふれあい温泉センターは、富来町にある日帰り温泉施設です。富来町は能登半島西側の海岸に面した町で、七尾湾の反対側にあたります。温泉施設は集落の少し外れの方にあります。「ふるさと創生事業」でできた温泉施設ということで、地域住民の憩いの場のような雰囲気でした。入口で受付をすると、貴重品を預けるか聞かれました。
脱衣所には貴重品ボックスが無いので、貴重品は受付で管理しているようです。財布やクルマの鍵などを預けるとそれを番号の書かれたビニール袋に入れて保管し、番号札を渡されました。暖簾をくぐると脱衣所で、カゴが棚に並んでいます。わりとシンプルな脱衣所ですが、冷水機が設置されていたり洗面台にはドライヤーも備え付けられていたりと、それなりに充実しています。
浴室は内湯のみで露天風呂はありません。洗い場はけっこう沢山あり、整然と並んでいます。湯舟は大きなものがひとつあるだけのとてもシンプルな浴室です。温泉センターという名称からスーパー銭湯のようなゴージャスな湯舟が並んでいるイメージもありますが、どちらかというと素朴な共同浴場を大きくしたような施設という印象を受けました。
天井はわりと高く、全体的に木材を基調としたデザインになっていました。外壁側は大きなガラス窓に囲まれ採光豊かでとても明るい雰囲気がありますが、窓の外には植木が並んでその外側が塀になっているので景色を楽しむことはできません。湯は無色透明で湯舟の湯はけっこう熱めです。角の湯口は大きなライオンの頭の形をしたもので、ジャンジャンと湯が注がれています。
ある程度の湯は湯舟から溢れているようですが、湯口から注がれているよりは少ないように感じること、そして湯舟の中には湯の吸い込み口があったので、半掛け流しになっているようでした。湯は少々塩味がついています。塩分を含んでいることと室内が蒸していること、そして湯温が高いことから非常によく汗が出ました。
サウナに入っているわけでもないのに脱水症状気味になってきたので、脱衣所にある冷水機がとても役に立ちました。脱衣所を出たところには休憩スペースもあり、テレビやマンガ本も沢山用意されています。入浴の後はゴロゴロとのんびりすることができるので、海水浴などの帰りにゆっくりするにはうってつけの施設だと思います。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.