みはる温泉・美榛苑(奈良県) 
みはるおんせん・みはるえん

DATA
所在地奈良県宇陀郡榛原町大字福地
源泉名みはる温泉
入浴 2003年12月
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
泉温 源泉22.5度
形態 保養センター 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど
露天風呂なし
開放度☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
穴場度
景色 ☆☆
総合評価☆☆☆

奈良県の榛原町は奈良県の北東部にある山林の多い小さな町です。山地が多いですが昔から交通の要となっていて宿場町として栄えた歴史もあるそうです。町の中心地から少し離れたところにあるみはる温泉は奈良県では最初の療養泉に認定されたという名湯だそうで、美榛苑という町営の保養センターがあります。温泉としての歴史はまだまた浅く、昭和63年(1988)から利用されているそうです。美榛苑はわりと大きな施設で、宿泊棟の他にレストランや売店、結婚式場などもあります。
ここの浴場は宿泊者用と日帰り入浴者用の二つの浴場があり、気軽に温泉を楽しむことができるようになっていました。今回は入浴のみの利用をしてきました。日帰り入浴者用の浴場は別館の地下1階にあります。エレベータで地下1階に出ると窓からは見晴らしの良い景色が広がっていました。「あれ?間違えたか?」と一瞬頭をよぎってしまいましたが別館は本館の斜面の下に建ち、本館を基準に階数表示しているみたいなので地上だけど地下ということらしいです。
まずは券売機で入浴券を購入します。受付に出すと脱衣所のロッカーの鍵を渡されました。履物を脱いでシューズロッカーにしまい中に入るとテーブルやイスが並んだフローリングのスペースがあり、「おとこ」「おんな」と書かれた提灯(ちょうちん)が飾られていて、大きな暖簾の掛けられた浴室への入口があります。脱衣所はロッカーが並び洗面台、体重計などがありますがけっこうシンプルなものです。浴室は内湯のみで露天風呂やサウナ等はありません。
左手側に洗い場が並び右手道路側が湯舟になっていました。洗い場はボディソープ、リンスインシャンプー、石鹸が備わっています。湯舟は二つあり気泡浴やローリングバスの付いた浴槽と大きな全身浴槽になっています。ローリングバス側の浴槽は温泉ではないそうです。湯は無色透明で少し消毒臭がしますがけっこうツルツルした浴感がありました。細長く延びた2本のノズル状の湯口から大量に注がれていますが、循環式のようです。
窓の外は遠くに山々が眺められそれなりに景色は見えるのですが、道路が真下を通っていることもありガラスの下半分はフィルムシートが貼ってあるので立ち上がらなければ見ることができません。浴後は浴場前の休憩スペースか奥に12畳ほどの和室もあるのですが、それほどゆっくりできる施設ではないようです。湯は確かに良さそうですが、もう少し工夫をしたらかなり人気が出るように思います。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.