久留米温泉・ホテル湯の坂(福岡県) 
くるめおんせん・ほてるゆのさか

DATA
所在地福岡県久留米市野中町湯の坂
入浴 2003年11月
泉質 アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温 源泉46.6度
湧出量毎分109リットル
PH 9.5
蒸発残留物235mg/kg
ラドン含有量0.97マッヘ
形態 温泉宿泊施設・健康ランド 男女別
効能 慢性皮膚病・慢性婦人病・動脈硬化症・アトピー性皮膚炎など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

「ホテル湯の坂」は久留米市内にある温泉ホテルです。「湯の坂」というのはここの地名ですが、以前からここに温泉が湧いていたわけではなく、地名にも残る伝説を信じて掘削し昭和63年に湧出した比較的新しい温泉なのだそうです。駐車場に入るとそこは庭木に囲まれていてやや高級感の漂う雰囲気がありました。とても大きな施設で駐車場も広いのだけれどもクルマも多くけっこう訪れている客が多い印象を受けました。
ここは温泉ホテルと温泉健康ランドの両方の顔を持った施設で、ホテルに泊まれば個室でゆっくりと眠れるし、温泉だけ利用したい場合は大浴場を利用することができます。また、温泉だけの利用でも夜間に追加料金を払えば仮眠室で睡眠をとることができるので、安価に宿泊することもできます。今回はその入館料+追加料金で夜間利用することにしました。階段の入口を入るとまず履物を脱いでシューズロッカーに入れます。フロントで受付をしてシューズロッカーの鍵を渡すと、脱衣所のロッカーの鍵とバスタオルセットが手渡されます。
浴室は階段を下りて下に向かうのですが、地下のつもりが1階と書いてあります。どうやらフロントが2階で下が1階らしいです。脱衣所は縦長のロッカーがズラリと並んでいました。浴室は広く一番手前にボディシャワー、そして石鹸とリンスインシャンプーの整った洗い場が並び、水風呂、テレビ付きの広い高温サウナ、そして奥に湯舟が並んでいます。湯舟は寝湯、気泡浴風呂、ヒノキ風呂があり、どれもゆったりとしています。湯は無色透明で肌がヌルッとする美人の湯タイプです。窓の外には露天風呂があります。
露天に出たところは打たせも三つほどありました。露天風呂は手前がヒノキ風呂、そして奥が一段低くなって荒削りの御影石の湯舟になっています。すぐ脇は石垣になっていて、やや重圧感のようなものも感じる気もしますが、その上は立派な庭園になっているので湯舟に浸かりながらも落ち着いた気分になれます。雰囲気としてはとてもいい感じです。湯舟の湯はヒノキ風呂のは少々熱めで、御影石の風呂は逆にぬる目になっていました。それにしても御影石の湯舟は壁面から底まですべて石になっているので、なかなかゴージャスな感じですね。
作るのも大変だったろうなと余計なことを考えてしまいました。入館料はそれなりにいい値段はしますが、温泉だけちょこっと利用するだけの「ショートステイ」コースや、早朝だけ利用する「朝風呂」コースも用意されているので、けっこう平日でも人が多いのが印象的です。午後11時を過ぎて閉館すると人も一気に少なくなり、のんびりと温泉を利用することができました。しかし週末などはそれでも混雑するほどだということで、いかに人気のある温泉かがわかると思います。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.