吉井温泉・咸生閣(福岡県) 
よしいおんせん・かんせいかく

DATA
所在地福岡県浮羽郡吉井町
入浴 2003年11月
泉質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)
泉温 源泉35.1度
形態 温泉ホテル 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、健康増進など
露天風呂なし
開放度☆☆☆
清潔度☆☆
気軽度☆☆☆
野趣度☆☆☆
異色度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

福岡県浮羽郡吉井町にある吉井温泉はのどかな風景の広がる田園地帯にある温泉地です。「咸生閣」はとても大きなホテルで吉井温泉にありますが、筑後川を挟んで反対側には原鶴温泉がありその原鶴温泉旅館組合に加盟していることから、原鶴温泉としても謳っているようです。「咸生閣」は一見したところ普通の温泉ホテルのようですが、何といってもここの名物は大ジャングル風呂なのです。
400畳の広さがあるというからちょっと期待しちゃいます。胸を躍らせながら浴室の扉を開けると、おおっと思わず声に出してしまいそうなホントにジャングルっぽい浴室がありました。浴室は内湯なのですがとても広く、高い天井は半透明のもので男湯と女湯を包み込むような形で覆いかぶさっています。湯舟は室内にいくつか点在し、ジャングルの名にふさわしいような垂れ下がったつるが特徴的な植物などが、浴室を取り巻くように生えています。
床や湯舟はタイル張りのオーソドックスなものだけど、ムッとした空気やこの雰囲気はアマゾンのジャングルの中といった感じといったらかなりオーバーでしょうが、子供だましながらもしっかりとジャングルしているのでした。洗い場は手前の方に少しあるだけでボディソープはあるけどシャンプーなどは用意されていないものでした。
湯舟は手前右側と中ほど、左側、そして右奥にジェットバス付きのぬる目のものがあり、一番奥には大きくとてもぬるい湯舟がありました。それぞれ温度が違うので好みで入り分けるといいでしょう。それから浴室の奥には岩から流れ落ちる滝もありますが、こちらはかなり冷たいことから単なる演出で湯舟ではないようです。
湯は無色透明のアルカリ性単純温泉で、肌がツルツルと感じる気持ちいい湯です。源泉は35.1度ということなので、多少加熱されているみたいです。浴室内はホテルの浴場とあってそれなりに綺麗に清掃されているのですが、たまに湯舟に葉っぱが落ちていたりします。内湯なのに内湯らしくないところがいいですね。それからホテルの裏側には家族風呂もあるそうです。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.