沙流川温泉・ひだか高原荘(北海道) 
さるがわおんせん・ひだかこうげんそう

DATA
所在地北海道沙流郡日高町字富岡
入浴 2003年10月
泉質 単純硫黄冷鉱泉(アルカリ性低張性冷鉱泉)
泉温 源泉11.3度
湧出量毎分127リットル
PH 9.5
蒸発残留物0.632g/kg
形態 温泉宿泊施設 男女別
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性皮膚病、疲労回復、糖尿病など
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆
穴場度
景色 
総合評価☆☆☆

沙流川温泉「ひだか高原荘」は、日高町の市街地の少し南側にある温泉宿泊施設です。道の駅「樹海ロード日高」から南へ向かい沙流川を渡った先にあります。広い駐車場を入るとすぐに気づくのですが、建物のすぐ裏は日高国際スキー場のゲレンデになっています。冬場はスキー場のロッジとしても利用されているようです。改築したばかりなのか、大きくて綺麗な館内です。
浴室は建物正面の奥にあります。右が女湯で左が男湯になっていました。脱衣所前に貴重品用ロッカーあるので、先に貴重品などを預けてから脱衣所に入ります。脱衣所は広い洗面台と脱衣棚があります。浴室に入ると手前にサウナと水風呂があり、そして壁側に大きな湯舟、その反対側と奥に洗い場がありました。洗い場はカランとシャワーがあります。
またボディソープ、リンスインシャンプーも用意されていました。湯舟のある側の壁は石を組み上げてコンクリートで固められた石垣風になっていて、ロッジを意識したつくりになっています。浴室は館内の一番奥なのですぐ外はゲレンデになっているはずなのですが、浴室の窓は高い所に外気を取り入れる程度の小さいものしかないので、浴室からはゲレンデの様子が見えません。
そんなわけで景色すら見えない浴室ですが、まぁ、見えてしまったら逆にゲレンデからも丸見えってことなのでそれは立地的に無理なのかも。そんなわけで露天風呂もありません。湯は無色透明で、微妙に濁りがあるようです。岩壁の湯口から湯がジャンジャン注がれていて、湯舟からもそれなりに溢れているのですが、湯舟の中に吸い込み口があるので半循環式のようですね。
とてもさっぱりとした湯ですが、微妙にツルツル感があり少し熱めで気持ちがよかったです。冬場はアフタースキーに重宝できるようですが、夏場でも近くにオートキャンプ場もあることから人気はありそうです。オフシーズンはかなりのんびりと利用できるので、温泉だけが目的なら時季を考慮するといいでしょう。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.