壮瞥温泉・湖畔の宿「洞爺かわなみ」(北海道) 
そうべつおんせん・こはんのやど「とうやかわなみ」

DATA
所在地北海道有珠郡壮瞥町字洞爺湖温泉53番地
入浴 2003年10月
泉質 含石膏含硼酸食塩泉(緩和性低張高温泉)
泉温 源泉51.5度
掘削深度100メートル
PH 7.2
蒸発残留物3.4805g/kg
形態 温泉旅館 男女別
効能 慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、創傷、尿酸素質など
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆
穴場度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

壮瞥温泉は北海道を代表する洞爺湖温泉のすぐ東隣にある静かな温泉地です。背後には有珠山と昭和新山があり、目の前は洞爺湖というかなりロケーションのよいところです。「湖畔の宿 洞爺かわなみ」も湖畔に道路を挟んである温泉宿で、かなりロケーションもよいところです。建物も綺麗で洒落た感じがあり、ペンションかプチホテルといったところです。
入口前にはカクテルバーがあったり、館内にはオイルランプキャンドルのギャラリーがあったりとモダンな要素が多く女性客を意識した造りのように感じます。浴室は館内手前の一番国道側にあります。増改築を繰り返したようで、こちら側は旧館のようですね。この宿は独自源泉を所有しているということで、24時間利用することができます。
脱衣所は鮮やかな木目の板張りでカゴが棚に並んでいるだけのシンプルなものです。脱衣所内には露天風呂と内湯への扉がありました。内湯からは直接露天風呂へは出られないので脱衣所を通ることになりそうです。内湯はけっこう広く湯舟がいくつかありました。まず手前に「含硼酸食塩泉」と書かれた正方形の小さめの湯舟があります。
無色透明でかなりぬるい(冷たい部類に入るのか?)湯です。舐めてみるとほんのりと塩味といった感じで、けっこうさっぱりした湯です。洗い場の奥の角にも一段高くなった場所に正方形の湯舟がありました。こちらはあたたかく温度も丁度いいぐらいです。一番大きな湯舟は「含石膏食塩泉」と書かれこれも無色透明ですが、やや熱めで湯の感じも微妙にツルツルする湯です。
湯の注ぎ口の隣に飲泉用のコップも用意されています。こちらもやはりまろやかに塩味がありました。一部壁にはタイルの壁画があり、シンプルながらもいい感じです。露天風呂は屋根付きの岩風呂です。岩風呂の前には芝の綺麗な庭が広がっています。露天風呂からは湖も見えますが、目の前はすぐ道路なのでバスやクルマもよく見えます(笑)。
ところが夜になると洞爺湖名物の水上花火が毎日催されるので、露天風呂に浸かりながら花火を楽しむことができます。この水上花火は洞爺湖温泉の前あたりからこの壮瞥温泉の方までぐるっとまわりながら打ち上げるので、ちょうど目の前で花火を楽しめてちょっと乙な気分で湯に浸かることができます。
また、ちなみにこの宿は海老やホタテ、豚ロース、カニや野菜を蒸して、壮瞥町特産のリンゴとピーナッツのタレで食べる海鮮陶板焼きが名物なのですが、このりんごとピーナツのタレが不思議な味わいで絶妙な美味さです。病み付きになりそうな美味さなので機会があったら是非とも食することをオススメします。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.