平湯温泉・神の湯(岐阜県) 
ひらゆおんせん・かみのゆ

DATA
所在地岐阜県吉城郡上宝村平湯
入浴 2003年10月
泉質 硫黄泉
形態 露天風呂 男女別
脱衣所あり
開放度☆☆☆☆☆
清潔度☆☆
気軽度☆☆☆
穴場度
野趣度☆☆☆☆
秘湯度☆☆☆☆
異色度☆☆
人気度☆☆☆☆
景色 ☆☆☆☆
総合評価☆☆☆☆

ネーミングからしていかにも厳かな感じのする「神の湯」は平湯温泉街から少し離れた森の中、旧道で安房峠に向かって行く途中に入口があります。安房トンネルが開通して以来、旧道はめっきり通行料も減って現在では神の湯より先に行く人は稀なようです。その寂しい旧道の森の中にあるので、わりと秘湯的な雰囲気があり、自然の中にある温泉という印象を受けます。
看板に従い森の中に入っていくと少し開けて駐車場があります。そこから坂道を登ると売店兼受付が見えてきます。温泉はもうちょっと先にあります。まずは男湯があり、さらに坂を上った先に女湯があります。脱衣小屋はけっこうしっかりとした造りで脱衣棚とコインロッカーが用意されていました。脱衣所のすぐ手前に露天風呂があるのですが、男湯は岩の壁があるだけですぐ横は通り道になっています。
まぁあえて覗こうとしなければ見えるってほどのものじゃないし、男湯だから特に問題はないですね。まずは中ほどにある、丸太をくり貫いた掛け湯で体を流します。湯舟は大小の岩を組んだ岩風呂で、片側は崖になっていました。けっこう細長くそれなりに広い湯舟で手前側には東屋風の屋根もついています。
その屋根の切れたあたりに打たせ湯があるのですが、これがまたけっこう熱めなので直接打たれるのはちょっとつらいものがありました。奥の方にも岩伝いに熱い湯が注がれる湯口があります。湯舟は比較的浅く、底はコンクリートで整備されていますが、そのロケーションは格別なものがあります。湯けむりが木漏れ日に照らされている様はなんとも幻想的なムードで「神の湯」にぴったりといった感じでした。
湯はプンプンと硫黄臭が漂い、湯の中には白い湯の華が沢山舞っています。微妙にツルッとする感じもありました。平湯温泉の発祥の地としても知られているのでけっこう人気の場所です。観光客が多く訪れ、週末は混みあうようですが空いている時期や時間帯を狙うとかなりのんびりと温泉浴と森林浴を楽しめます。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.