九頭竜温泉・平成の湯(福井県) 
くずりゅうおんせん・へいせいのゆ

DATA
所在地福井県大野郡和泉村下山
入浴 2003年10月
泉質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
泉温 源泉26.1度
形態 日帰り温泉施設 男女別
露天風呂あり
開放度☆☆☆
清潔度☆☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
秘湯度
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

九頭竜温泉「平成の湯」は九頭竜川沿いを走る国道158号線沿い、九頭竜湖の少し下流にある小さな日帰り温泉施設です。「ホテルフレアール和泉」に隣接した施設なので、ホテルのレストランで食事をしてから温泉でゆっくりするなんてこともできます。近くにはスキー場も多いので、ひと滑りした後に立ち寄って体を温めるのにもいいでしょう。
名前からも想像できるように比較的新しい温泉施設なので設備面はわりと充実していますが、外観は山里の集落を思わせるような落ち着いた雰囲気がありました。館内に入ると天然木の板張りで、木目の色鮮やかなのがとても印象的でした。脱衣所に入ると木製のロッカーが並んでいます。鍵がかけられるようになっているのですが、鍵そのものがなくなってしまっているのがちょっと目立つのはびっくりしました。
他に客がいない時間帯だったので誰かが使用中だとは考えにくいのですがね。どうしたのでしょう。浴室は内湯と露天風呂があります。内湯は浴室の角にカランが8つ並び、ボディソープ、リンスインシャンプーが備わっていました。床は赤、湯舟の縁は黒の御影石が使われていて、高級感と清潔感があってなかなか渋い造りになっています。湯舟は大小二つあり、小さい方はジェット噴流がついています。
浴室はいたってシンプルなのですが、造りや設備などはやはり現代風のものなので一般的にも利用しやすいでしょう。温泉は大きい方も小さい方も循環はされているみたいだけど、少しずつ湯が溢れているようでしたので半分掛け流しにしているのかも知れません。湯は無色透明でサラッとしているのですが、アルカリ性でツルツル感が味わえてなかなか気持ちがいい湯です。
浴室の外には露天風呂があるのですが、少し段差もあることもあってか、ちょっとした渡り廊下のようなものを通って向かいます。岩風呂調の湯舟で周りは庭園のように木が植わっていて雰囲気は悪くないです。露天風呂の周りはけっこう高めの壁に囲まれているのですが、静かな山間というロケーションがら緑豊かな山々が見えました。湯舟には東屋風の屋根もついているので、雨天でも入れるようです。
露天の一角には荒削りの御影石で四角に囲まれた源泉の飲泉場がありコップも用意されていました。慢性消化器病に効果があるそうで、コップ一杯程度試してみるように書かれていました。微妙に甘いようなそうでないようなまろやかな味がありました。浴後は1階と2階に無料休憩室があるので、そちらでゆっくりすることもできます。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.