下呂温泉・白鷺の湯(岐阜県) 
げろおんせん・しらさぎのゆ

DATA
所在地岐阜県下呂市湯之島
入浴 2003年10月
泉質 単純温泉(緩和性低張高温泉)
泉温 源泉73度
形態 公衆浴場 男女別
効能 リウマチ性疾患、運動器障害、神経麻痺、神経症など
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆☆
気軽度☆☆☆☆
秘湯度
レトロ度☆☆☆
景色 ☆☆☆
総合評価☆☆☆

鷺の湯は下呂温泉街にある公衆浴場です。外観は洋館風の白い建物で、入口にはビーナス像があるなどゴージャスでとても浴場には見えない代物です。ショーウインドー風の窓にポスターなど並んでいるので映画館か芝居小屋のようにも感じます。すぐ近くには「日本三名泉発祥の地」の石碑もあります。下呂温泉といえば草津温泉、有馬温泉と並んだ歴史のある老舗の名泉なんですね。
建物入口の前にはビーナス像を囲むように輪になって丸くベンチが整備されていて、「ビーナスの足湯」として無料で開放されています。浴場を利用しなくても温泉街散策のついでに気軽に下呂温泉を楽しめちゃうのは得した気分になりますね。公衆浴場は入口を入ると券売機と受付があります。浴場に行くには履物を下足箱に入れて階段で2階にあがります。ちょっとしたラウンジというか休憩所があり、そして男湯、女湯の入口がありました。
脱衣所に入るとコインロッカーと脱衣棚があります。ここは公衆浴場とはいえ観光客が多く訪れるのでかなりこぎれいで清潔感がありました。脇の扉を開けると階下へおりる階段があります。どうやら浴室は下にあるようです。脱衣所にある窓を覗くと下の浴場が見下ろせるようです。浴室は内湯のみでシャワーのついたカランが並び、窓側に湯舟があります。それほど広い浴室ではありませんが、天井も高くシンプルなのでなかなか落ち着いた雰囲気があります。
湯舟はわりと広くとってあり湯口は丸太をくり貫いたものでできていました。たいてい温泉の注ぎ口なんてのはトロトロと静かに流れるものが多いですが、その湯口からはザザーッと豪快というか派手に湯のしぶきが飛び散るような感じで湯が注がれているのはなかなか面白い演出ですね。湯は無色透明でツルツルとした浴感が味わえる気持ちのいい湯です。
湯舟は木目の鮮やかな木造なので、温泉の持つやわらかさと浴槽のやわらかさが重なってより湯がやわらかく感じ、温度も適温なので気持ちよく入浴が楽しめました。この建物はちょうど坂の途中にあるので浴室の窓の外はからは下呂の街や飛騨川の河原も眺められます。○万ドルの夜景と呼べるほどではありませんが、のんびりと湯に浸かりながらボーっと外を眺めるのも気持ちをほぐすいい機会ですよね。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.