越後湯沢温泉・江神温泉浴場(新潟県) 
えちごゆざわおんせん・えがみおんせんよくじょう

DATA
所在地新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢
源泉名湯沢町温泉管理事業 第3配湯所
入浴 2003年8月
泉質 単純温泉(弱アルカリ性・低張性・高温泉)
泉温 源泉58.7度 湯舟42.5度
形態 公衆浴場 男女別
効能 筋肉痛、神経痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじきなど
露天風呂なし
開放度
清潔度☆☆☆
気軽度☆☆☆
下町度☆☆☆☆
穴場度☆☆☆
鄙び度☆☆
素朴度☆☆☆☆
景色 
総合評価☆☆☆

越後湯沢と言えば、冬はスキーのメッカ、一年を通しての温泉のメッカ、そして川端康成の「雪国」の舞台としても知られる観光地で、関越自動車道、国道17号、JR上越線、上越新幹線と交通の便も非常に便利な観光都市です。越後湯沢温泉の「江神温泉浴場」は駅前に続く商店街の中にある温泉浴場です。
商店街のアーケードにあって、他の商店と同じように並んで建っているので、注意していないと通り過ぎてしまいそうなほど違和感のない存在になっていました。一応裏手には駐車場もあるので、クルマでのアクセスにも便利です。入口はガラス張りの自動ドアがありとても綺麗でしたが、一歩中に入ると少し年季の入った雰囲気で田舎街の銭湯といった雰囲気がありました。
利用者も地元の方が多いようですが、入口の前のスペースなどは大きな荷物の置き場になっていたりして、観光客やスキー客への配慮もしてあります。脱衣場は棚が並び奥にはコインロッカーがあります。特に何があるってわけでもないのですが、木造のシンプルな佇まいはローカルムードが漂い素朴な印象を受けました。浴室はタイル張りで、これもまた銭湯のような感じで温泉らしさは感じられません。
ここでは温泉は特別なものではなく、ごくごく普通にある存在なのだと感じました。浴室内には手前に湯舟があり奥まったところに洗い場がありました。洗い場のスペースはどうやら後から増築されたような感じです。手前側の壁には洗い場のカランの跡がありました。増設されているとはいえ、とても小ぢんまりとした雰囲気で、その素朴さが何とものんびりとした雰囲気を醸し出しています。
湯舟には無色透明で無味無臭のサラサラした湯が注がれています。湯舟の中にも湯の噴き出し口があるので、一部循環しているのかもしれません。少し熱めの湯で、さっぱり感がとても気持ちいいです。駅から近くて観光地なのに、ローカルムードのあるうれしい温泉でした。





Copyright(C)2015 Tetsusei 温泉天國 -Onsen Paradise- All Right Reserved.